よろしく

自分の気持ちを貫く素晴らしさ

皆さん、こんにちは、
まりちゃん(元まりちゃんねる)です。

今の日本って、過剰に人の評価を気にしすぎですよね。

インスタ映え」「リア充」「承認欲求」

三つの言葉に共通するのは、
自分が満足しているかどうか? ではなく、
他人から見て魅力的かどうか? ということです。

まあ、インスタグラムに関しては、
日本だけのものではないですね。
そもそも、インスタグラムそのものが、欧米で開発されたものですからね。


筆者だって、人の評価は気になります。
豆腐メンタルです。

ある日、私の悩みを吹っ飛ばす人物を見つけました。

貸衣装の会社の社長、
松本明子さんです。

www.rouage.jp

「ええ、何この人! めちゃくちゃ派手やん!」
という読者の声が聞こえますねぇ。

私も最初はそう思いましたよ。
「この女の人、頭大丈夫?
自称、心斎橋のシンデレラ姫って???
眉毛ヘン!」

そうですね。
確かにこのサイトをパッとみただけでは、
ただのド派手な人ですよね。

しかしね、
この女社長のことを調べてみますと、
いろいろ出てくるんです。

若いころから、自由きままに生きていたわけでないようです。、

離婚歴があり、
子供を女手一つで育て、
「姫」を始めたのは30代後半以降です。

恋愛結婚に失敗して、
母子家庭の苦労も経験しているのです。

ひととおり経験した後、
30代後半という、
あまり若くはない年齢で姫をはじめ、
今に至るのです。

現在の性格な年齢ははっきりわかりませんが、
おそらく60代だと思われます。

この女性、過去にもテレビ出演もしていますし、
歌手デビューもしています。

歌唱力は、そこまでないのですが(笑)
とにかく自作の歌詞が明るく前向きでいいですね。

ネットで散々叩かれていますね。

「派手すぎ」
「眉毛ヘン」
「もっとエレガントにしたら」
「年相応にしなよ」

しかし、この「シンデレラ姫」からすれば、
ネットの反応なんて、たいしたことないのでしょう。

本人も、自分が奇抜であることを十分自覚して、
派手な格好してるんだと思います。

ここまでくると、
「素晴らしい!」
「あっぱれ!」

ですよね。

現代の日本では、
若者はもちろん、アラフォー過ぎても、
人目を気にする、異性のウケを気にする人たちばかりです。

そんな時代、
流行も男ウケも、すべて無視して、
自分の美意識を貫いている彼女は素晴らしいですね。

いや、
別にシンデレラ姫の恰好を真似しようとは思いませんよ(笑)
シンデレラ姫のファッションではなく、
彼女のマインドを見習いたいんです。


流行がなんだ!
年齢なんて関係ない!
男ウケって何?

そういう前向きでハッピーな気持ちは大事です。

醜い親への手紙 私はあなたの着せ替え人形じゃない

名前 まりちゃん
性別 女性
年齢 2018年10月31日時点での年齢 34歳
職業 無職


「私はあなたの着せ替え人形じゃない」


母へ

お母さん、私は、あなたの着せ替え人形ではありません。


何故、お母さんは、私が幼いころから、自分の手作りの服を私に着せたのでしょうか?
毎回、私が着たい服ではなく、お母さんが着せたい服なのです。

私が
「気に入らない」
と言ったり、
「嫌だ」
と反抗したら、
あなたは悲しそうな顔をして、
「お母さんが困ってもいいの?」
「お母さんのことが嫌いなの?」
「お母さん心配なのよ」
と呪いの言葉を放つのです。

これが、自分の娘を絶対服従させる、究極の呪文なのですね。

あなたは、私がクソ真面目で、馬鹿正直な性格なのをいいことに、
呪いの言葉で私を着せ替え人形にしました。

お母さんは、頼んでもいないのに、私専用のブランドを作り、
私の服にラベルを貼り付けました。

ブランド名は私の本名をもじったものですよね。

押し付けたのは、お洋服だけではありませんでしたね。


門限6時。
行動範囲を制限する。
おやつもいつも同じ。
お友達もあなたが選ぶ。


お母さんから教わったのは、お勉強だけです。
買い物の仕方、公共交通機関の乗り方、料理の仕方、性教育、身の守り方など、
教えてくれませんでしたね。

中学校3年生の2学期に、数学で80点をとったら、
あなたは、ご立腹しました。
「もっと勉強しなさい! これじゃ〇〇高校に合格しない」

中学校3年生の三者面談は、
母親と担任の先生だけでずっとしゃべって、私の話を聞こうとしませんでしたね。
こちらの方を見向きもしません。
なんで、私の進路を勝手に決めたんですか?

私は、地元で有名な厳しい進学校に無理やり行かされました。
一日中、勉強、勉強。

15歳の私は、バンドをやりたかったのですが、
母親が友達を制限したので、メンバーも集められず、
門限六時でライブハウスに行くこともできず、
断念しました。

高校を卒業したら、
実家を出て、上京して、ロックミュージシャンを目指そうと思っていました。

ところが、高校生の時、門限六時ではアルバイトもできず、
私の手元には、東京への交通費も、
上京してから住居を借りるお金もありませんでした。

仕方なく、母親が勝手に決めた大学に進学しました。

私には2つ上の兄がいましたが、
兄の進学先や就職先は反対せず、
応援しました。

兄妹で、露骨に態度を変えるんですね。

あなたは、口を開けば、
いつもいつも、
「勉強しなさい」

もっと他に大事なことがあったんじゃないですか?
当時、私は小学校2年生から、高校3年生まで、学校でいじめられていたんですよ。
何度も、何度も、助けを求めても、相手にしませんでしたね。

行きたくもない、高校に行かされ、
行きたくもない、大学に行かされ、
行きたくもない、専門学校に行かされました。

嫌だといったら、
例の究極の呪文で、私を従わせました。

おかげで苦労しましたよ。
痴漢にセクハラ、悪い男に騙されました。
19歳で、精神疾患にかかってしまいました。。

病気で大学、専門学校を中退して、
精神病院の入退院を繰り返しました。

22歳で退院してからは、
「あんたに働けるはずがない!」
と言って、何度も何度も社会復帰を反対しましたね。

おかげでニート歴が12年10ヵ月です。

3回、家出に失敗して、
4回目で、家出に成功しました。

しかし、実家を出てからも、一般就労が上手くいかず、
今も、ニート歴を更新中です。

今年の3月に別れた元彼は、昔、覚せい剤をやっていました。
隠しているだけで、今もやっているかもしれませんね。

何でそんな男と付き合ったかって?
元彼にあなたのことを相談したんですよ。

彼以外に頼る相手はいませんでした。
そして、その彼さえも、
「お母さんと仲良くしなさい」
というのです。

あなたの着せ替え人形の私は、
男性と付き合うのも、
処女を捧げるのも遅かったですよ。

初めて、男性と付き合ったのが、26歳。
初めて、性行為をしたのが、34歳。

初体験のお相手は誰だと思いますか?
今年3月に別れた元彼ですよ。

小学生からを煙草を吸い始め、
中学生から暴走族という、
元ヤンキーの男です。
極めつけは、違法薬物。

お母さんが一番嫌がりそうなタイプですね。


あえて、悪い男に処女を捧げることで、
綺麗な着せ替え人形から、自由になれると思ったのです。




父へ

お父さん、私が精神疾患になるまで、
あなたは私に無関心でしたね。

あなたは、いまだに娘の好きな科目と嫌いな科目を知らないでしょうね。

好きな科目は、現代文です。
こちらは、だいたい想像がつくと思います。

嫌いな科目は、わかりますか?
数学ではありませんよ。

私の嫌いな科目は、道徳の授業です。
何故なら、道徳の授業は、担当の先生の主観が入るからです。

小学生の子供でも、自分の思想や信念を持ってます。
先生の正義を、生徒に押し付けないで欲しいのです。

お父さんも、倫理、モラル、ルールに厳しい人ですが、
あなたの正義を、娘に押し付けないでくださいね。



お父さん、お母さん、
34歳になった今でも、お人形さんごっこが続いています。

社会復帰の訓練の最中、
福祉の職員が、生活保護を受けることを止めてしまうから、
あなたたちにに頼るしかないのですよ。

来年の春、就職予定です。
私はもう、35歳になります。
お人形さんごっこは、もうおしまいです。

自分の願望は、自分で叶えて下さい。
私が、あなたたちに望むのはそれだけです。



●みんなの「親への手紙」プロジェクト
 http://letters-to-parents.blogspot.com/2014/08/2018minna-tegami.html

私とクラシックバレエ 記事修正

こんにちは、まりちゃんねるです。
最近、ずっと腹痛に悩まされています。

今まで、私が経験したり、本を読んだり、ネットで得た知識は、
どれもお金にならないものばかりです。

私は、子どもの頃、プロのバレリーナになりたいという夢がありました。
プロのバレリーナになれる可能性は低いですし、
プロになれても、稼げるとは限りません。

クラシックバレエを習っていても、
大人になってから、役に立つことはほとんどありません。

もっと、ハードルを下げて、バレエ講師になるというのもありですが、
バレエ講師の収入も雲泥の差があります。昔、プロのバレリーナだった人と、
たんに長くバレエをやっていただけの人では、
収入が多いのは、もちろん、前者。

前者と後者では、
雇ってもらえるバレエ教室も違いますし、
雇ってもらった時の待遇も違います。

じゃあ、自分でバレエ教室を開いたらどうか?これも、かなり難しいです。
赤字で閉鎖したバレエ教室も、少なくありませんからね。
バレエを教えるのが得意でも、経営に関して無知なバレエ講師も多いです。


ん???
今日は、愚痴っているつもりだったけど、
文章を書いていて、気づきました。

私、
「バレエ教室の経営の仕方」って本を一冊、
書けそうじゃないか?

私は3歳から中学三年生まで、バレエを習っていました。
子供から見ても、バレエ講師の問題点はありましたね。
「この先生、教え方に問題があるよね」
「なんで、お稽古のスケジュール表を作らないんだろう?」

バレエ講師と生徒の母親との間で金銭トラブルもありましたね。

私自身、かなりつらい経験をしました。
バレエ講師に、ひどい注意のされかたしたり、
変な振り付けであ踊らされたりしました。
主役になったことは、一度もありません。
発表会では、メインの役以外の、その他大勢でした。

しかし、そういうつらい経験をふまえて、
バレエ教室を開きたい人はもちろん、
これからバレエを習いたい子供、
子供にバレエを習わせたい保護者の方の参考になるような、
本が書けそうですね。

紙の本を出版社からだすのは難しいですが、電子書籍なら可能ですね。

別に本という形ではなく、
ホームページ、ブログ、動画でもよいですね。


なんだか、希望の光が見えました♪

早速、最近のバレエ教室の現状について検索します♪


しかし、一晩してから考えたけど、
私のまとめた情報、需要がないですね。

わたしがバレエをやめたの20年以上前なので、情報が古いです。

さらに、私には、
コンテストやコンクールに入賞したという実績がないです。

方法が一つあるなら、
匿名でバレエに関する情報を提供することですね。

精神的に余裕ができたら、
やってみます。

「今の自分」を認める勇気

皆さん、こんにちは!
人生うまくいってない、まりちゃんねるです。

今回の記事は、
「今の自分」を認める勇気です。

過去の栄光に、すがりついてもよくないし、
過去の挫折を、引きずるのもよくない。


例えば、同じ40歳の男性がいたとしますね。

一人は高学歴。
一人は中卒。

これだけの条件だと、
世の中の女性は、前者を選びますよね。

しかし、

高学歴でいい会社に就職したものの、
上手くいかず、現在は無職。

中卒だけど、起業して、
現在は上場企業の社長。

この条件なら、
世の中の女性は、後者を選びますよね。


そう。
みんな純粋に、あなたの「今」の姿だけ見ているんです。

初めて、あなたに会う人間は、
過去のあなたも、未来のあなたも、知りません。
現在のあなたしか知らないんです。

じゃあ、高学歴の無職の40歳の男性が人生終了か?

いいえ、違います。
「今」頑張るのです。
「今」這い上がるのです。

「高学歴だけど失敗してしまいました!」
という内容のブログを書いてアクセスを稼ぐのもいいでしょう。

思いつく限り、
何かやってみるしかありません。


こんなことを書く、まりちゃんねるも、
現在、ニートです。
もちろん、就労移行支援に通うなど、
努力はしています。

しかし、過去の栄光や過去の失敗にとらわれてます。

就労移行支援の訓練で、
わからないことを素直に聞けません。

子どもの頃、勉強ができた方なので、
「こんなことを理解できない、自分はダメだ!」
と思ってしまうんです。

好きで発達障害に生まれたわけじゃいし、
好きで精神疾患にかかったわけじゃないし、
好きでニート歴がながいわけじゃない。

しかし、純粋に事実だけ述べれば、
現在の私は、
「過去にとらわれているニート
にすぎません。


私は、
バカ正直で、くそ真面目で融通がきかない、
そんな、「今の自分」を認めて、受け入れようと思います。

自己開示をする勇気

自己開示をする勇気

こんにちは!

ASD+二次障害のまりちゃんねるです!

先日、ある福祉関係の職員の方からアドバイスをもらいました。

「相手に理解してもらうには、自己開示が必要だ」

そうです!
その通りです。

私、リアルでもネットでも、自己開示してないもんな。

自分の感情、思想、哲学は、わりとぶちまけてます。
前面に押し出して、ドン引きしちゃう人いると思います(笑)


しかし、自分のプロフィール的なものは、
あまり書いていません。

「好きな食べ物は?」
「好きな異性のタイプは?」
「好きな芸能人は?」
「好きな音楽は?」
「好きな本や漫画は?」

たしかに、自分のプロフィールを詳しく書きすぎるのも危ないです。
ストーカー被害、個人情報漏洩といった犯罪に巻き込まれる可能性があります

しかし、
自分の趣味趣向を書かないと、相手が戸惑ってしまいますね。

「この人、何に興味関心があるんだろう?」
「この人と、共通の話題は何だろう?」

コミュニケーションをする時、
つかみどころがなくて、困っちゃいますよね。

前回「無料でどこまでできるか?」という記事を書きました。

自己開示に、お金も何にもいりません。

必要なのは「勇気」だけです。

どこまで開示するか?
防犯対策も、自分次第です。

とりあえず、プロフィール欄を埋めてみます!

無料で、どこまでできるか!

ネガツィしてばっかりの、
ASD+二次障害のまりちゃんねるです。

いままで、
ツィッターやブログで、
「〇〇したい!」
「〇〇になりたい!」
という発言してきました。

しかし、挑戦するものの、なかなか上手くいきません。

一番大きな壁は、
「お金がないこと」
そして、
「お金を得るための、仕事がない」
ことです。

「夢だけ持って、上京!」
「夢だけ持って、海外へ!」
というほど、現実は甘くなく、
夢や目標を叶えるためには、
お金が必要です。


今まで、
「お金はない」
「仕事がない」
と、諦めてきました。

「もう、ダメだ!」
と絶望モードに入った時でした。


「そうだ、私はネットを使える環境にいる!」
という希望をみいだしたのです。

「ははは、ネットなんて、今の世の中、当たり前じゃん!」
と思う読者もいると思います。

しかし、世の中、ネットを使えない環境の人たちもいます。
または、パソコンやスマホの操作をできない人たちもいます。

ホームレス、貧困、障害者など、
当たり前のものを持ってない
当たり前のことができない人たちがいるんですよね。


パソコン(スマホ)と定額の通信料だけで、どれだけのことができるか?

①自分の知らない言葉や知識を得られる。


真っ先に思いつくのがこれですね。
GoogleYahoo!といった、検索エンジンです。

ちょっと難しい漢字やことわざがわからない、
でも、人に聞くのは、なんだか恥ずかしい。

そんなとき、検索エンジンって、便利ですよね。

あとは、情報収集ですね。

私の場合、医療や障害福祉の情報収集に役に立ってます♪

②リアルで知り合えない人と、仲間になれる。

よく、
「ネットで知り合った相手と、会っちゃダメ!」
といいますね。

たしかに、ネットは名前、性別、職業、学歴等を、
偽っている人もたくさんいますので、
あぶないですね。

特に未成年は気を付けたいものです。

しかし、
実名でなく、匿名でOK、
リアルで会っても、会わなくくてもOKなんですよね。

「実名はこわい」
「顔出し恥ずかしい」

別に名前や顔を出さなくても、
ネットでできることはたくさんあります。

「直接、会うのこわい!」
「犯罪に巻き込まれたら、どうしよう」

そんな心配があるなら、
「ネットだけでつながっている仲間」
でもOKです。

③気軽に、自分のことを発信できる

ネットがあれば、気軽に発信できますね。

趣味、夢中になっていること、
音楽や美術といったアート、
哲学、思想、
政治経済、

なんでもアリですね。
もちろん、最低限のルールは守らないといけませんが。


これから、ネットで無料でどこまでできるか、
挑戦します!

特別な才能のない私が、好きなことをする理由。

いまだに、「発達障害天才説」を信じている人が多いことに驚いている、
まりちゃんねるです。

私は、ASD+二次障害もちです。

特別な才能があるどころか、
人より、かなり劣っているほうだと思います。

今まで、いろんなことに挑戦しましたが、
何一つ、うまくいってませんね。

ツィッターで、
マツコ・デラックスになりたい!」
とつぶやきましたが、
マツコさんように、
トーク力があるわけではないです。

むしろ、喋るのは下手です。

私は、自分に才能がないことは自覚しています。
しかし、それでも好きなことやりたいのです。

ある身体が不自由な女性との出会い


私は、30歳のとき、
車いすユーザーの女性と友達になりました。

どんな病名、どんな障害か伏せておきます。

彼女は、日常生活のほとんどのことに、
ヘルパーさんの介助が必要です。

彼女は、一生、歩けません。

かけっこで、一等賞にも、ビリにもなったことがないのです。
走るどころか、歩くこともできないのですから。


私は、
ずば抜けて上手いわけではないけど、
漫画やイラストを描くことができます。

音痴だけど、
自分の好きな曲を歌えます。

地図を読むのが苦手だけど、
自分の好きな場所へ、
自分で歩いて行けます。


「五体満足って、幸せなんだ!」
と初めて気づきましたね。

五体満足ですが、
頭が足りないのが、残念ですがね(笑)


五体満足で、健康な体なら、
自分な好きなことが、できるんですよ!

周りの評価がどうであれ、
結果がどうであれ、
自由に生きられるのです。

素晴らしいことではありませんか!

私は、天才どころか、
頭が足りない人間です。

それでも、
私は、自由で、
私は、幸せなんでしょうね(^^)