読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まりちゃんねる@

少数派の主張

よろしく

私は、ただの目立ちたがり屋の子供なのだろうか?

こんにちは。今日、三つ目のの記事です。

筆者のまりちゃんねるも、いい年です。

私が、障害者でなければ、
バリバリ働いていて、キャリアを築いて、ある程度責任のあるポジションにいるか、
結婚、出産して、小さな子供の一人や二人いて、家事や育児に追われていることでしょう。


私にはまともな、レールに沿った人生は無理ですね。

「もう、崖っぷちどころか、崖から転落しているんだから、
自由に生きて、やりたいこと全部やっちゃえばいいのでは?」
今がチャンス。

自分の人生は自分で選んで、自分で決めるものです。


しかし、自由に生きるには、
いろんなものをあきらめなければいけません。
今までの人間関係が崩れることを覚悟しなければいけません。


ここ、10年、20年の間、
身体障害者が、自分の人生について書いた本を出版したり、
テレビのドキュメンタリー番組に出演していますね。


有名になれば、批判、誹謗中傷は避けられません。
自分の生き方、考え方を、顔と実名で公表して語ることは、
勇気のいることです。


私は精神障害者です。
身体、知的、精神、3障害の中で、一番、差別や偏見が強いです。
カミングアウトするか、しないかは、死活問題です。

障害を公表すれば、一般の仕事がなくなります。
自分が困るだけなら、マシなほうです。
家族、親戚まで、好奇の目にさらされます。


私は、一般の仕事に、一生つけない覚悟で、障害を公表できるか?
私は、家族や親せきに迷惑をかけてまで、社会運動できるか?


私は目立ちたがり屋です。
否定はできません。

イラストレーターだろうが、
ブロガーだろうが、
目立って注目されれば何でもいいのか?

目立ちたがり屋の子供が、そのまま年をとっただけなのか?

一般の仕事をあきらめ、
家族、親戚を犠牲にしてまで、
カミングアウトして、有名になりたいのか?


もう、わからなくなりました。


ネットで、誰かに相談することは、可能です。
有名なブロガー、ユーチューバーにでも、聞いてみようか?
メールや電話で悩み相談でもしようか?


やめておこう。

明日、アルバイトの研修受けて、
一般社会でしばらく生きてみよう。

障害を隠し、真面目にコツコツ働き続けるのが、無難です。

どう生きたらいいのかわからないですが、
ブログとツィッターを不定期に更新しようと思います。

東京サバイバル② 一般、クローズで仕事さがし。

自立

どうも、こんにちは。
まりちゃんねるです。

明日は、アルバイトの研修で、ブログどころではないので、
「東京サバイバル」シリーズを、今のうち書いておきます。
「いきなり親元離れて、上京して、一人暮らしって、無理があるのでは?」
と自分でも思いましたね。

さらに、一般で働くなんて、無茶な!
まずはA型事業所から始めたらどうか?

はい。そうです。

しかし、私は、
職歴が空欄に近いんです。

地域活動支援センターやB型事業所は、
「訓練」であり、職歴にはカウントされません。

19歳で二次障害を発病し、
社会をほとんど知りません。

一般と障害者の事業所、両方体験して、どちらかを選びたい。、


精神障害者は、目に見えない障害で、理解されにくいですね。
ほんと、大変です。
言い換えると、
カミングアウトすれば、障害者、
隠していれば、健常者としていきられるのです。

まずは、一般のアルバイトで頑張る。
それでうまくいかないなら、A型事業所。
A型事業所も無理なら、生活保護

福祉を利用する前に、
まずは自分の力で頑張ります。

それに、
一般で働いたら、福祉の恩恵が全く受けられないわけではないのです。
障害年金の受給、保険料、住民税等の免除、医療費の一割負担(指定病院のみ)
といった支援が受けられます。

東京サバイバル①参照
maririzumu.hatenablog.com



世の中、
月収10万以下、家賃2、3万で生活している人たちもいるんですよ?

そういう人たちと比較すれば、
年金を家賃と共益費にあて、アルバイトの収入を食費、通信料、医療費、交通費など、
他の出費にまわせるのです。

さらに、年金がなければ、
1日8時間、週5で働かないと生活できないですが、
年金があるおかげで、
1日6時間、週3で生活できるんですよ。
週3働いて、残りの週4は自由です。


一般、クローズは、障害に対する配慮はありませんが、
これだけ福祉の支援を受けられるのではあれば、
そこまで無謀ではないと思います。


もちろん、長期間のニート歴、障害を隠して仕事をさがすのは、大変でした。

次回は、今の仕事をみつけるまでの記録を書きたいと思います☆

東京サバイバル① 自立への道

自立

こんにちは。
前の記事から、一か月以上経過してしまいました。

筆者はアスペルガー精神障害者2級です。

まりちゃんねるは、一か月以上ブログを更新せず、
ツィッターもほとんど放置で、どうなっていたかといいますと、

鹿児島から上京し、
都内の某シェアハウスに住んだが上手くいかず、
埼玉のベッドタウンにアパートを借り、
福祉の援助を受け、一人暮らしをしています。



「東京サバイバル」

地方から上京って健常者でも大変ですよね。

私の場合、一般社会のブランクが11年以上もあるので、
「サバイバル」と言っても過言ではありません。

実家を飛び出し、一人暮らしして、上京して、一般で働く。

この過程をいっぺんにやりました。
いや、過去形ではなく、現在進行形です。

ちなみに、明日はアルバイトの研修があります。
やっとのことで見つけた、一般のお仕事です。


3月13日、家出。

バンを2つとトランクひとつで、実家を飛び出しました。
荷物は、

パソコン     高かったので、持っていきたい。
スマホ      連絡の手段、調べもの(リサーチ)
コンタクト、眼鏡 目がめちゃくちゃ悪いので、必須。
化粧品、洗面道具 この年齢だと、すっぴんはきつい。
お薬       薬を服用しないと、頭がくるくるパー。
お財布      お金や身分証明書。

他にも、いろいろありますが、
大事なものは、家を出るとき、確認しました。

鹿児島から東京まで、電車で上京。
東京駅に着いた時は、夜遅いので、ネットカフェで一晩過ごしました。

3月14日、都内の某シェアハウスに入居。

無職、保証人なしでも、
身分証明書、緊急連絡先、お金があれば入居できる、
審査のゆるいシェアハウスでした。

しかし、審査がゆるいので、
住んでいる人たちの、ルール、モラル、マナーは、あまりよくありませんでした。

共有部分のものが盗まれてましたね。
私は、幸い被害にはあいませんでしたが。

夜中に洗濯機を使用する人がいて、
音がうるさくて、眠れない夜もありました。


3月24日 アパートを契約。三月末、入居。

「こんなところで、長期間は生活できない!」
私は、シェアハウスではなく、アパートを借りることにしました。

無職、保証人なしでも、なんとか契約できました。
もちろん、精神障害は隠しましたね。

東京は家賃が高いので、埼玉のベッドタウンに決まりました。

し・か・し、

無職で保証人もいないので、
「保証委託料」というものを払わないといけません。

保証委託料も含め、
家賃と共益費合わせて、約五万九千円なり。

これでは、年金がほぼ家賃と共益費でなくなってしまう!
仕事を見つけないといけない。
そんなわけで、
一般で働くことになりました。


A型事業所ではなく、なぜ、一般?
一般の仕事をどうやって見つけたの?

それは、次回のお楽しみ♪

「目立つこと」「有名になること」が、良くないと言われてます(現在進行形)

こんにちは。
今回の記事も、ASDまりちゃんねるの昔話、いや、現在進行形の話です。


私は、
「テレビやネットにでるなんて、チャラい! やめろ!」
と言われてます。

3歳から、中学校3年生まで、約10年間、クラシックバレエを習ってましたが、
父親は、反対でしたね。
一方、母親のほうは、
「やりたいことは、やらせてあげよう」
と思ってたみたいです。


現在、

母親は、
「もう、好きにすれば?」
と、諦めているみたいです(笑)

父親のほうは、
「チャラいことは、やめとけ」
と、今でも言ってますね。


このブログの存在も、連携しているツィッターの存在も、
両親は全く知りませんね。

もし、
ブログとツィッターのこと知ったら、顔面蒼白です。


ずっと、おさえこまれてますからね。
おさえきれない気持ちを、ネットで発散させているんです。


たぶん、このブログを読んだ人たちは、
「ブログのカスタマイズが、甘くないか?」
と思っているんじゃないでしょうか。


それもそのはず。
人間って、そう簡単に変われませんからね。
「目立つことや、有名になることは、チャラいから、やめろ!」
とずっと言われ続けている人間が、
ブログの宣伝を積極的にやるって、
ものすごく、ハードルが高いんです。


一応、WEBマーケティングアフィリエイトの本は、ひととおり読みましたね。
脳みそがサビついて、本の内容をすべては理解できないものの、
はてなブログの仕組みは、だいたいわかります。

それでも、
自分を売り込むって、私にとっては、困難なんですよ。


ある凸凹つながりのツイキャスで、
「イラストは、ネットにアップしないと意味がない」
と、美大を卒業したある女性から言われました。

ええ、おっしゃっている意味は、理解できます。
しかし、私とっては、
自分の写真、もしくは自分の作ったものをネットにアップするという行為は、精神的にブレーキがかかります。


理論、理屈が理解できても、
「良くない」と現在進行形で言われていることをやるのは、
幼稚園の時にやった、お遊戯よりも、難しいです。


幼いころから、クラシックバレエとか日本舞踊をやっている女性は、
父親が子供のころ踊っている姿をビデオで撮っているらしいです。
ほとんどの女の子が、そういったVHS、DVDを持っているそうです。

うちでは絶対にありえないですね。



どうして、みなさんは自分を宣伝することに、抵抗を感じないのでしょうか。

逃げてもいい、バカにされてもいい、パラサイトでもいい。とにかく生きのびる。

こんにちは。
過去も今も、いいことも特にない、自慢できるものも特にない、
ASDのまりちゃんねるです。


ブログやツィッターで、いろいろ書いてますが…
人生において、いいことなんて、何もないです。

残念ながら、私が子供のころ、発達障害という言葉そのものを知らない人が多かったです。
私自身も、ASDだなんて、夢にも思いませんでした。


いじめられると、
いつも、
「お前が悪い」と言われてきました。

トラブルが起きると、
毎回、私が悪者にされました。

何か失敗すると、
「努力が足りない」
「手をぬいている」
と怒られました。


小学生の時、学校へ行くと、
誰かが勝手に、私の遺書を書いていたことがありました。
勝手に殺すな、ですよ。

遺書の内容は、
「私は窓から飛び降りて、死にました。幽霊になりました」
というものです。

遠まわしに、「死ね!」といってるようなものです。

結局、だれが書いたかわかりませんでしたが、
「お前が、死ね!」
ですよ。


過去の話は、キリがないです。
発達障害のひとは、学校でいじめられた経験がある人が多いですからね。


成人してから、今に至るまで、
それはもう、挫折、失敗ばかりです。


それでも、生きるしかないんですよね。

いまだに、自信も何もないのです。

逃げてもいい、バカにされてもいい、パラサイトでもいい。とにかく生きのびることです。



生きていることに、罪悪感を感じることもあります。

いい大学出て、大企業に就職しても、自殺する人もいるんですよ。
ぶっちゃけ、電通で過労を苦に自殺した若い女性のことです。

どうして、優秀な人間が死を選び、
優秀ではない、私が生きているのか、真剣に悩みました。


しかし、悩んでも、仕方ないことです。
私が、彼女の代わりに死んで、
彼女が、私の代わりに生きることなど、不可能なのですから。


障害を持っていると、
いろいろ制限があります。
思うように生きられないし、
生き方を選べないです。


後悔したこと、ひきずっていること、いっぱいあります。
それでも、「生きる」ことを選んだことだけは、後悔してません。

gacco(ガッコ)を受講中です。

明日、○○才の誕生日を迎える、まりちゃんねるです。

誕生日が来ても、おばさんになるだけですが、
精神的におこちゃまなところがあるので、大人になろうと思ってます。


本題です。
タイトルの
「gacco」って何?

「がっこう」ではなく「ガッコ」と読みます。
gaccoをざっくりと説明すると、
大学の講義をネットで無料で受けられるサイトです。ただし、学歴にはなりません。
実際、この記事を書いている最中にも、gaccoの講義の動画を視聴しております。

無料でネットで大学の講義を視聴できるだけでなく、
小テストやディスカッションもあります。
テストに合格すると、
終了証みたいなものがもらえます。
今のところ、gaccoは学歴になりませんが、
身体が不自由な人や、経済的な理由で大学に行けない人にとって、
役に立つのではないでしょうか。


gaccoには、特に年齢制限はなく、
「昔、大学に行けなかった」という、
シニア世代の方にも、向いているかもしれません。

動画を停止したり、講義の出入りは自由です。



gaccoの登録
http://gacco.org/

メールアドレスと簡単なプロフィールを入力するだけです。
入学試験はありません。

ちなみに、今、記事を書きながら視聴しているのは、
大阪産業大学の「はじめて情報システムを学ぶ学生・生徒のために」という講義です。
パソコン、コンピューターの基本中の基本です。
スピードがゆっくりで、
脳みそがさび付いている私でも、じゅうぶん理解できます。


ツィッターやツイキャスで、ネガティブな発言多いので、
発展的な記事を書きました☆

強気な発言、ビシッと系、炎上芸は、頭が良くないと自滅してしまう

こんにちは。
なんだか、社会に対する批判、説教くさいことを、
ツィターやブログでかいている、まりちゃんねるです。


今回の記事ですが……

ネットで、強気な発言、ビシッと系でいくには、
どうすべきか?

まず、自分自身がしっかりしていないといけません。
ある程度、頭が良くないといけません

「人を批判しているけど、お前は何なんだよ!」とツッコまれるます。

さらに過激な炎上芸とまでいくと、
裁判沙汰になる可能性もあるので、
法律の知識が必要です。


実際、意図的に炎上させている人って、
そこそこ頭良いし、しっかりとした人が多いんですね。


「注目が集まるから~」
と軽い気持ちで炎上芸やっていると、
自分で自分を破滅させます。
「自滅」の二文字でじゅうぶんか(笑)


そういう、まりちゃんねるは、これからどんな方向でいくの?
炎上芸とまでいかなくても、
ビシッと系で行こうと思ってます☆

まず、自分がしっかりして、ある程度勉強しないといけませんね。