まりちゃんねる@

少数派の主張

よろしく

精神障害者の本はなぜ売れないのか?

こんにちは。
ハッタツ障害+二次障害でメンタルやられている、まりちゃんねるです。


書店、ネット通販で、
身体障害者の書いた本をよく見かけますよね。

一番売れたのは、
超有名な、
キング・オブ・ショーガイシャ、ミスター・オトタケ!

ミスター・オトタケは、
障害者ビジネスの真骨頂といっても、過言ではありません。
美談もスキャンダルも、
「とにかく話題になるオトタケ」

ショーガイシャの教科書、入門書とされている、
彼のデビュー作、「五体不満足

もちろん、「五体不満足」に他の身体障害者やそのご家族が、みんな支持しているわけではありません。

でも、健常者の間では、彼がショーガイシャの象徴であることは間違いないでしょう。

いくら本人が、
「僕は別に、身体障害者の代表ではない」
と否定しても、


超有名になれば、影響力はハンパないです。


また、前置きが長くなりましたね。
さて、今回の記事の本題に入ります。


精神障害者の本はなぜ売れないのか?」

一番、問題なのは、
精神障害をカミングアウトしたら、家族親戚、ご近所さんから村八分にされるから」
です。

本の出版に限らず、
テレビ、ネット、ラジオ等のメディアで、カミングアウトしたら、今まで築いた人間関係が崩壊します。

次の理由は、
「一度カミングアウトしたら、隠せないから」
です。
自分が精神障害者であることを、公の場の場所でカミングアウトしたら、
就職先は障害者枠しかなくなります。
未婚であれば、結婚できる可能性が、ますます低くなります。

村八分、人生設計崩壊、という悲劇!

さらに、
悲劇を覚悟してメディアに露出しても、感動ポルノにすらなれないのです。

よく、身体障害者のメディアの出演を、
「感動ポルノ」と批判する人がいますよね。

精神障害者が、頑張っっている姿を見せても、
「できて、当たり前でしょ」
で終わってしまい、視聴率が稼げないのです。


まりちゃんねるは、世の中に訴えたいことがたくさんあります。
しかし、私がすべてを犠牲にして、社会運動をしても、
感動ポルノの対象にすらなれません。

しょうがないか……。

自分の為に何人の人間が犠牲になっているか、考えたことがあるか?

ネットで、カス扱いされ、
リアルでは、親戚から忌み嫌われている、
発達障害のまりちゃんねるです。

正直、生きていたくないし、
自殺を考えたこと、自殺未遂したことも何度もあります。

そんな、どうしようもない筆者が、生きる理由、目的について語ります。


以前、
「自分の半生を本に書いて、電子書籍で安売りしたい」
と、ツィッターでつぶやきました。

しかし、
自分より不幸な人間は、世の中たくさんいます。

発達障害とイジメはセットになっているといっても過言ではありません。
自分の辛い経験(過去のイジメ)について語ったところで、
不幸自慢大会にしかならないなら、
過去について詳しく語る必要はないでしょう。


本題に入ります。
「自分の為に何人の人間が犠牲になっているか、考えたことがあるか?」
筆者は、自殺願望がある時、
自分の為に犠牲になった人間のことを考えます。


考えるのは、主に、
発展途上国の人たちのことです。

「海外のことなんて、関係ない」

そうですね。
直接は関係ありませんね。


しかし、
日本は、海外の輸入なしでは成り立たない国であることは、小学生でもわかりますよね?
韓国製、中国製の商品を買ったことない人は、今の日本にほとんどいませんよね?

韓国、中国に限らず、
日本はあらゆる国から、食料やエネルギーを輸入してます。

どんな人たちが、食べ物、衣類、家電製品等の工場で働いているか、皆さんも想像がつきますよね。
「貧しいひとたち」
「恵まれない子供たち」
です。

海外の人たちのことを考えたら、キリがありませんが…
それでも、考えずにはいられないのです。


例えば、今私が着ている、発展途上国で作られた安物の服。
この格安の服を作る工場で無理やり働かされ、工場の機械に手足をはさまれ、命を落とした、顔も名前も知らない子供たちに感謝します。

ありがとう。
そして、何の役にも立てなくてごめんなさい。

私ができるのは、カスでもニートでも、ただ生きることだけです。

ゴッホとラッセンの違い

こんにちは、まりちゃんねるです。

記事のタイトルをみて、
ゴッホよりぃ、普通にぃ、ラッセンがすっきー!」
と手を振りながら歌っている芸人さんを想像した読者も多いと思います。

今回の記事は、手を振りながら歌っている芸人さんとは関係ない内容です(笑)


読者の中には、
「芸人の永野さんは知っているけど、ゴッホラッセンもどんな絵を描いているか知らない」
という方もいらっしゃると思います。


まあ、私が文章で説明するより、
Yahoo!Googleで「ゴッホ」「ラッセン」で検索して、
ご本人の描いた作品をみたほうが一目瞭然ですね。


「検索するのめんどくさい」
そうですか。
じゃあ、私がここで文章で説明しますね(笑)

ゴッホは苦労人です。
ゴッホの描いた作品が評価されたのは、彼が他界した後なんです。
ゴッホが生きている間に売れた絵は、ほとんどありません。

さらに、ゴッホ精神疾患を患っていたようです。
双極性障害躁うつ病)と説が有力ですが、これも謎です。

作風は、暗いものが多いですね。

結局、売れない画家のゴッホは、どうなったかというと、
37歳で自殺してしまいました。


一方、ラッセンのほうは、
現在進行形で世界中の人々から評価されております。

そもそも、ゴッホラッセンは、生まれた時代が違いますからね。

ゴッホの暗い、陰気くさい作風とは対照的に、
ラッセンの作風は爽やかです。


しかし、
ゴッホは不幸で、
ラッセンはラッキーだと決めつけるのは、どうでしょうか?

画家として売れなくても、
絵を描き、作品を残すことができたのです。
芸術家として、素晴らしいではないですか?

さらに、ゴッホを応援、支援してくれる人物も、
彼の周りにいました。
本当に困っているときに支えてくれる人が、大切な人ですよね。

ところで、まりちゃんねるは、
ゴッホラッセンから何を学んだか?

「人間、やりたいことやったもん勝ち。評価は後でついてくるもの」

以上、筆者の独断と偏見による、美術コラムでした。

ニートは、社会に対して発言する資格がないのか?

主治医から、「疲れがたまってますね」
と言われたまりちゃんねるです。

一般就労もA型事業所も上手くいかず、一気にダウン。

現在、医師の指示通り、休養してます。
いわゆる、無職、「ニート」状態です。


一般就労する前は、某デイケアや地域活動支援センターに通ってました。
デイケアや地域活動支援センターは、仕事ではなく「訓練」に分類されるので、
無職、ニートになります。


一応、書いておきますが、
好きでニートになったわけじゃないんですよ?

読者の皆さんは、他人の不幸に興味ないかもしれませんが、
発達障害でうまくいかない→二次障害発症→就職先がなく、無職ニート
という、社会に適応できない発達障害の人間の「定番」「王道」の人生を歩んでいます。


さて、本題に入りますね。
ニートは、社会に対して発言する資格がないのか?」
と、日々感じております。

あるメンタルヘルスのサイトで、
思ったことをストレートに書いたら、
「それは、あなたが働いて自立してから言ってください」
というレスが返ってきました。


すみませんね。私はハッタツで脳みそが違うんですよ…
脳みその構造が健常者と違う人間が働くことが、どれだけ大変なのか、わからないと思いますが。


発達障害は、働いてないと、社会に対して発言する資格がないのか?
発達障害は、一芸に秀でていないと、生きる資格がないのか?


運よく社会に適応した人、
運よく結婚して専業主婦になった女性、
運よく才能を開花させた人しか、
社会運動したり、社会に対して何かを発言する権利がないって、
ヒドすぎるよ。

せっかく自由になれたのだから、やりたいこと全部やる

こんにちは。
まりちゃんねるです。

三月に実家を出て、今、自由です。

ずっと我慢してきたこと、
ずっとやりたくてもできなかったこと、
全部やってみようと思います。


本題に入る前に…
A型事業所についての報告。

体験就労、三日目でダウンしました。
六日の予定だったのに。

そもそも、A型事業所の仕事の内容が、
「好きかどうか?」
と聞かれたら、
「ノー」
です。

障害に対する配慮があることをのぞいたら、
好きな仕事ではありません。
お金も、あまりもらえません。


障害に対する配慮とか、向き不向きより、自分の気持ちに正直に生きたらどうか?

近所にスィーツのお店や工場がある。
働いてみたいか?
「はい」

じゃあ、面接受ければいい。

人気があるので、不採用になる確率は高いです。
でも、面接受けないと、雇ってもらえませんよね。

長続きしなくてもいいです。
すぐクビになってもいいではありませんか。

結果はどうであれ、
たった一度の人生です。

いまなら、ネットで自由に自分を表現できるし、
主張できる。


こうなったら、
長続きしなくてもいいから、
いい結果でなくてもいいから、

自分の感情を押し殺さず、
積極的になろうと思います。

ブログは、書かないと読んでもらえない(当たり前だけど)

こんにちは。まりちゃんねるです。

新しいツイッターのアカウントを作って、
再開する準備中です。

某A型事業所を、正式な雇用でなく、
「体験」というかたちで、
来週月曜日から土曜日まで通うことになりました。


一般のお仕事は、
派遣会社の営業所に行く必要はなく、
郵送だけですみました。

なんとか、一段落つきました。


さて、本題に入ります。
ブログは、書かないと読んでもらえない(当たり前だけど)ですよね?
本業であれ、副業であれ、
人気のあるブロガーさんたちは、
みんな根気よく続けて、記事を書いています。

ブログの目的は、
自己満足、ビジネス、情報提供など、多岐にわたります。


どんな素晴らしい発明、発見も、
どんな素晴らしいアートも、
どんな貴重な情報も、
自分から発信しないとどうにもならないのです。

いまだにフラフラしている筆者ですが、
とりあえず記事を書き続けます。

頑張れ、まりちゃんねる!

まりちゃんねる、ピンチ!

こんにちは、社会不適合者のまりちゃんねるです。

昨日は、ツィッターをいったん退会しました。
これから、データをひきつぐか、
一からやりなおします。

前回の記事で、一般のアルバイトをやめると
書きました。↓前回の記事
maririzumu.hatenablog.com



「さて、一般の仕事がダメだったから、A型事業所で働こう」


だが、し・か・し。

なんと、定員オーバーで、
A型事業所不採用。

他のA型事業所を利用するか、生活保護をうけるしかありません



経済的、精神的にめちゃくちゃ追いつめられています。
実家にいれば、親に養ってもらえますが、
現在は一人暮らし。
実家からの援助なし、
年金は家賃と共益費と光熱費にあて、
他の生活費は、自分で何とかしないといけません。


さっき、某A型事業所に、問い合わせてみました。
もう時間がおそいので、返信は明日か明後日になると思います。


どうなることやら。