まりちゃんねる@

少数派の主張

よろしく

相手との距離感がわからない

凸凹のまりちゃんねるです。


タイトルの通り、相手との距離感がわかりません。


老若男女、ネットか、オフラインか、関係なく、
知人、友人との距離感がわからないのです。

一方的にしゃべったり、メールやLINEを送ったり、
失敗ばかりです。

今のところ解決方法は思い浮かばないですが、
これはもう、慣れるしかないでしょうかね。


「時間、場所、相手を考え、柔軟な対応をする」

自分で、ツィッターやブログに何度も書いているけど、上手くいきません。

どうしてだろう?

ヴィジュアル系のファンって、メンヘラが多いよな。 ※私も、その中の一人です。

「紅に染まった、私を誰も助けてKURENAI!」
と毎日叫んでる、まりちゃんねるです。


私はX JAPANが好きすぎて、しょうがありません(笑)

ヴィジュアル系という言葉を作ったのは、
X JAPANのギタリストのhideさんという人です。

hideさんは、1998年の夏に、宇宙へ行ってしまいました。
(ファンの方なら、みんなご存知だと思います)


世の中に、ヴィジュアル系と名乗るバンドは、いっぱいいますが、
X JAPANが、「ヴィジュアル系の神」といっても過言ではありません。


私は、コスプレしたことはないです。
ロックバンドのライブに行った回数も少ないほうかな。


さっき、承認欲求についての記事を書きましたが、
maririzumu.hatenablog.com

みてみて病、くれくれ病、に、
かなり効き目がありそうな音楽だと思いますね。


80年代後半、
髪の毛突っ立てて、
派手な化粧して、
反社会的な恰好で、ステージに立ち、
サビの部分で、
「紅に染まったこの俺を 慰める奴はもういない♪」
と、ひたすら繰り返す、彼らの姿は衝撃的でした。


「紅にそまった俺を、だれも助けてKURENAI」

まさに、悲劇のヒーローです。
俺が、これだけボロボロに傷つついているのに、だれも助けてくれない!
と、こんな怖い恰好した人たちが叫んでたら、
誰も助けずにいられないでしょう。


こんな、ヘンテコなバンドが成功するわけないと、
当時、音楽評論家から、さんざん批判されましたが、
今でも、彼らの活躍はとどまることを知りません。


※X JAPANは、本当にイカれているわけじゃありません。奇抜さを狙ってるんです。

だって、これだけ熱狂的なファンがいて、
「誰も助けてKURENAI」と本気で思ってたら、精神科に入院すべきです。
狂気を表現しているのであって、本当にイカれているわけじゃありません。


「紅」の歌詞をすべて、このブログに引用できません。
私なりに解釈すると、

嵐が吹き荒れる中、
大切な人が、突然、去ってしまい(あるいは拒絶)
ボロボロに傷つき、血まみれになっても、
誰も助けてKURENAI!
という内容です。


今まで、悲しみを表現するとしたら、
しっとりとしたバラード、というのが当たり前だったのに、
反社会的な格好して、
ひたすらアップテンポなヘヴィーメタルで、
がなり立てるように歌うというのをやったんです。



ただ、「みてみて」「くれくれ」では、だれも振り向いてくれません。
誰かの心をつかむのは、簡単なことではないです。


最近のヴィジュアル系と呼ばれるバンドが下火になっているのは、
「とりあえず、化粧して派手な恰好すれば、ウケるんじゃね?」
と思っている若者が多いからではないでしょうか?

でも、それじゃ二番煎じです。


もう一度、言います。
誰かの心をつかむのは、簡単なことではないです。

どうやったら、人気が出るかは、
本人の熱意、努力次第だと思います。

みてみて病、承認欲求は、悪いことじゃない。

人に評価されたり、ほめられたことがあまりない、
まりちゃんねるです。


私は、趣味趣向が結構マニアック、マイナーで、
多数決で仲間外れにされることが多かったです。

昔、いじめられていて、
性格がすっかりひねくれてしまいました。


小さいころから、目立ちたがり屋なほうでしたが、
大人になっても「みてみて病」のまんまでした。



一時期、みてみて病の自分は、幼稚で未熟で、恥ずかしいと思いました。


みてみて病、最近でいう、「承認欲求」は、一概に悪いとは言えません。
芸能人が典型的な例です。
誰かに支持されることで、仕事が成り立ってますからね。


芸能人、一般人問わず、
人気のある人の特徴を分析してみました。


たくさんの人に支持されている人間は、人をほめるのも上手です。

芸能人も一般人も、人気のある人は、
とにかく、周りの人間(家族、友達、仕事仲間、ファンなど)を大切にしていますよね。

人の発言やパフォーマンスは見ないのに、
自分をのこと「みてみて!」は、子供っぽいですよね?


今、バッシングされている、お笑い芸人のキングコングの西野さんも、
アンチが言うほど悪くはないと思いますよ。

ただ、「みてみて!」が、一方通行な気がするんです。


それに、人を批判しているときより、
「○○さん、いいですね!」
「○○さん、素敵ですね!」
「○○さん、好きです!」
と言っているときのほうが、ずっと楽しいではありませんか♪


承認欲求は、悪いことじゃない。



自己分析に関する記事が多いですが、
次回は、
「上手な人のほめ方」
について記事を書いてみようと思います。

悩んだり、ゆきづまったりした時は、年長者のアドバイスだけでなく、子供や若者の声に耳を傾けたらどうだろうか?

ネガティブブロガーのまりちゃんねるです。

悩んでる時って、同年代や年長者に相談しがちですよね?

確かに、自分より年上の人間は、
人生経験が豊富で、自分ではきづかないことを、アドバイスしてくれます。

でも、
子供や若者の意見や考えも、役に立つこともあります。

未成年や、20代の若者は、
まだ何色にも染まってない。
人生経験が短いぶん、先入観がない。
言うことも、やることも、とにかくストレート。
考え方が、かたまっておらず、シンプルでわかりやすい。

大人は、昔の経験(主にマイナス、失敗)を思い出して、臆病になることもありますよね。


でも、
子供や若者に相談するって、恥ずかしい。

いや、別に年下の人間に、直接相談するんじゃないです(笑)

ネットのティーンエイジャー向けのサイト、
新聞の学生さんの投稿、
若者のブログ。

↑こういうのを読むだけで、フレッシュな気持ちになれます。

今日、某新聞をよんだら、
「小学生が政治家に対して、どうしてほしいか?」
という特集があったのですが、

ドナルド・トランプさん、キム・ジョンオンさんなどに対する、
意見、要望が、単純明快で、面白かったです( ^^)


確かに、
悩みや問題そのものは解決しませんが、

なんだか、ほっとするし、
初心に戻れた気がしますよね。


特に小さい子供をみると、理論理屈でなく、無条件に癒されるものですね。

プライベートもビジネスも、時間や場所、相手によって、柔軟な対応をすることが大事。

凸凹障害のまりちゃんねるです。

先日、こんな記事を書きました。
ガチで裏表なく行動したら、失敗した私 - まりちゃんねる@

私の「ガチで裏表なく行動」は、
高校卒業した後も続きました。

高校卒業後、18歳の夏に某スーパーマーケットで、アルバイトをしたんです。
仕事は散々なものでしたね。

私は、ふざけてなんかいませんでした。
小学校の道徳で習ったことを、
18歳になってもガチで信じていましたから、
店内でも、普段とあまり変わらない立ち振る舞いをして、どのお客さんに対しても同じ対応をしたのです。

バカじゃないの?
と読者の皆さんは思うかもしれませんが、

「裏表のない人間になりなさい」
「人間は平等です」
という言葉を鵜呑みにして、
それをガチでやってました。


「どうして、私は、真面目に働いているのに怒られるの?」
何故、怒られるのか、全くわかりませんでした。
私は、いつもと同じように、裏表なく仕事をしてるのに。
私は、どのお客さんに対しても、平等に接客しているのに。


今、考えると、
たぶん、スーパーの店員には、その場にふさわしい立ち振る舞いが求められるのに、
私は、普段通りだったのだろう。


スーパーに来るお客さんも、いろんな人がいますよね。
急いでるお客さんに対しても、そうでないお客さんに対しても、
同じペースでレジ打ちしていたんです。


若いうちや、接客業をしたことがないひとなら、だれでもよくある失敗ですね。


でも、私は、バカ正直でガチで裏表がない人間だったので、
ヒドいものでしたよ。


こういう接客業だけでなく、
ネットビジネスも、嘘や演技なしでは成り立たない仕事です。

嘘や演技って表現は、違うかな?
「時間や場所、相手によって、柔軟な対応をする」
これが、大事なんですね。



今は、できているか?
いや、まだまだです(笑)
精神分析をはじめて、一か月と四日ですからね。
年長者の方に、良く注意されますし、
情緒不安定で、キレたりしますから。

はてなブログをPro版に切り替えるかどうか、検討中です。

これからも、頑張ります!

まだ、凸凹を把握できてない

凸凹障害のまりちゃんねるです。

働きたいと言ったり、勉強したいと言ったり、
まだ、もやもやしてます。


凸凹があることは、幼少期から、うすうす気づいていたのですが、
どこがよくて、どこが苦手なのか、はっきりとわからず、
悩み苦しみました。


ツィッターは、去年の春からやってましたが、
発達仲間と積極的につながろうとしたのは、
去年の暮れです。

一か月しかたってないです。
まだまだですね。

自分の凸凹が一か月で、解決するのは無理です。

発達仲間と繋がる前は、
「自助会なんて、役に立たない」
と思ってました。

ツィッター、ツイキャスで、
話を聞いたり、注意やアドバイスされたりして、
かなり役に立ちましたね☆


これからも、よろしくお願いします。

ガチで裏表なく行動したら、失敗した私

こんにちは。
MARIRIZUM改め、まりちゃんねるです。

「読みにくい」「言いにくい」という声が多数ありましたので、
ハンドルネームとブログのタイトルを変更しました。


人に指摘されるより先に、
「自分でもスペルを間違う」
という、何ともおバカな筆者です。


筆者は、子供のころから、目立ちがりやでした。

でも、毎回、何かを主張したり、表現するたびに、失敗するんですよね。


いろいろ、原因はあるとおもうんですが、
私は思考回路が両極端なけいこうがあります。


人前にでる仕事をして、成功している人は、
人間関係がスムーズですよね。

時間や場所、相手によって、言葉を選び、
適切な行動をとっているんです。

小学校の道徳の授業で、
「裏表がある人間はよくない」と言われ、ガチでいつも同じような言葉遣いや行動をして、嫌われた


健常者には、わからないと思うけど、
ASDはいわれたことを鵜吞みにする人が多いんです。
個人差がありますが。


「なんで、私は真面目で性格いいのに嫌われるんだろう?」
と、27歳まで本気で思ってました。

嫌われる原因がさっぱりわかりませんでした。

どうして、性格がいいのに、嫌われるのか?
どうして、裏表がある人間が好かれるのか?
悩みすぎて、二次障害を発症しました。


みんな、相手によって、態度が変わるものですよね。

大人になってから、気づいたんですが、
まだ、柔軟性がないようです。


気を付けます☆