読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まりちゃんねる@

少数派の主張

よろしく

素人なりに、イラストや漫画に関する法律について考えてみた。

こんにちは。
イラストレーター、ではなく、イラストレーター目指している、まりちゃんねるです。


最近、音楽の著作権法に関する議論が、話題ですね。

今回の記事ではイラストや漫画に関する記事を書きたいと思います。

※私は画力は残念ながらプロレベルではなく、法律に関する資格は何ももってません。
しかし、世の中のほとんどの人が、プロの絵描きでなく、法律に関して素人です。


この記事は、プロの絵描きでなくても、法律に関して無知でも、読めます。なぜなら、筆者が素人だからです(笑)


かなりざっくりと語っていきますね。


①イラスト、漫画の著作権って、ぶっちゃけどうなの? どこまで合法で、どこからが違法?

オタクは、平和の象徴だ! と勝手に思っている筆者です。
日本が平和だから、アニメオタクやアイドルオタクなど、
興味がない人には理解できない、人生に役に立たない、くだらないことに夢中になれるものです。

しかし、娯楽やエンターテインメントを楽しむにも、ある一定の基準やルールがあります。


まず、トレース、模写などは、基本、違法ではありません。
それをネットや同人誌など、不特定多数の人間が閲覧できる状態にあることが問題です。


別に好きなアイドルの写真をトレースしても、
見ながら、描いても、特に問題はないです。

ただし、ネットや同人誌にのせる際は、著作権、肖像権の問題がでてきます。
特に有名人の場合、所属事務所、タレント本人、撮影したカメラマンなどから訴えられる可能性があります。

どんなタレントさんを好きになるのも自由です。
しかし、著作権や肖像権の問題を考えると、
あくまで、イラストの練習にしといたほうがよさそうです。

どうしても、描けないときは、
著作権フリーの素材を使いましょう。

パロディ、似顔絵は、ガイドライン利用規約)にそっていれば、基本、OK。オリジナルの作者が訴訟を起こした時や商業目的はアウトです。

私も、パロディをニコニコ動画やツィッターにのせてます。
作者や出版社側から、許可はいただいてません。
「美男美女になったゲゲゲの鬼太郎猫娘」という、実にくだらないものですが(笑)

ゲゲゲの鬼太郎の作者の水木しげる先生が連載していた出版社の人たちが、
「おお、これはひどすぎる! 作品と作者を侮辱する行為だ!」
と、訴訟をおこしたら、勝ち目はないですね。

あと、トレース、パロディ、似顔絵等を、商業目的で使うのは、違法です。
ブログにのせてアフィリエイトしたり、
ネットで配信して、報酬を得た場合、
かなり高い確率で有罪になります。




②セクシーなお姉さん描きたい!(ぶっちゃけ、春画) どこまで合法で、どこから違法?

三次元の女性で、相手の同意を求めず、あーんなこと、こーんなことしたら、ヤバいですね(笑) 
特に、未成年者の場合。
じゃあ、
二次元ならなんでもOKでしょ! 年齢も相手の同意も関係ない♪

これが、とても厄介、ややこしいんですよね。

まず、18歳未満の子供を、露出度の高い恰好をさせると、
法的にヤバいんですよね。

もし、裁判沙汰になったとき、
どこまでがOKで、どこからが卑猥か判断するのは、プロの法律家です。勝ち目はないと思ってください。

さらに、アニメや漫画は、世界に誇るオタク文化です。
国内でOKなことが、海外で問題になることもあります。

ドラゴンボール」の亀仙人のセリフも、
海外では伏字になったり、書きかえられてるそうです(笑)

日本では、面白いおじいさんでとおるのに、
海外の法律家は、けしからん! と怒るわけです。

孫悟空は子供ですが、国内では全裸のシーンが、海外ではパンツを履いてます(笑)

たとえ、子供であっても、
安心しないでください、パンツ履かないとダメですよ(笑)



③グロい絵とか、過激なセリフってどこまでOK?

これも、かなり線引きが難しいですね。

読者の対象年齢によって、かなり変わってきます。
例えば、少年漫画の金字塔的な「ジャンプ」の場合、
対象年齢が未成年(特に男の子)だから、グロい絵、性的な絵、過激なセリフは禁止されています。
私は、ジャンプの編集者ではないので、明確な基準知りませんが、
もし、
「ジャンプに投稿するぞ!」
と思ったら、気をつけたほうがいいですね。


ジャンプの兄貴分(?)の「ヤングジャンプ」は、
対象年齢があがっています。

私は、ヤングジャンプを始めて読んだとき、ショックを受けました。
男の人って、こんなこと考えるの! ガーン!

ヤングジャンプは、グラビアが充実しており、
わりとグロやエロに寛容なようです……


そう、ジャンプと言えば「DEATH NOTE」ですね。
これ作品は、国内でも、一部の人から、批判され、問題作となっていますが、
未成年が自由に閲覧できる状態です(2017年2月、現在)

し・か・し、

海外の一部の国では、「DEATH NOTE」は青少年有害図書に指定されています。


さらに最近では、
作者が訴えなくても、法律家が「違法だ!」といった場合、
アウトになるらしいです。
同人誌 - Wikipedia
困ったときの、ウィキペディアでございます。
全文読んで、理解するの、無理です……。




う~ん、
筆者も書いてて、頭がパンクして、よくわからなくなってきました……


問題を整理しますね。

①ネットにトレース、パロディ等をアップする時は、
作者、モデルとなる人物に許可をとること。

②セクシーなイラストは、アダルト専門のサイトに投稿。
個人のサイトでは、未成年が閲覧できない状態にすること。

③過激なシーン、セリフは、対象となる読者の年齢を考え、
ケースバイケースで、未成年が閲覧できない状態にすること。

この3点に気を付けていれば、
だいたい大丈夫だと、筆者は考えています。

相手との距離感がわからない

凸凹のまりちゃんねるです。


タイトルの通り、相手との距離感がわかりません。


老若男女、ネットか、オフラインか、関係なく、
知人、友人との距離感がわからないのです。

一方的にしゃべったり、メールやLINEを送ったり、
失敗ばかりです。

今のところ解決方法は思い浮かばないですが、
これはもう、慣れるしかないでしょうかね。


「時間、場所、相手を考え、柔軟な対応をする」

自分で、ツィッターやブログに何度も書いているけど、上手くいきません。

どうしてだろう?

イラストについて

こんにちは。絵は得意だけど、プロレベルではない、
まりちゃんねるです。

今回は、練習用のイラストをブログにのせたいと思います。


自画像です。かなり、漫画チックですね。
f:id:maririzumu:20170206004950j:plain


中卒で、勇者になったものの、悪と戦うのがしんどくなった勇者
f:id:maririzumu:20170206005034j:plain


女戦士
f:id:maririzumu:20170206005053j:plain


自分の障害について描いた漫画の一部。
f:id:maririzumu:20170206005115j:plain



画力はまだまだですね。
ぼちぼち描いていきます。

ヴィジュアル系のファンって、メンヘラが多いよな。 ※私も、その中の一人です。

「紅に染まった、私を誰も助けてKURENAI!」
と毎日叫んでる、まりちゃんねるです。


私はX JAPANが好きすぎて、しょうがありません(笑)

ヴィジュアル系という言葉を作ったのは、
X JAPANのギタリストのhideさんという人です。

hideさんは、1998年の夏に、宇宙へ行ってしまいました。
(ファンの方なら、みんなご存知だと思います)


世の中に、ヴィジュアル系と名乗るバンドは、いっぱいいますが、
X JAPANが、「ヴィジュアル系の神」といっても過言ではありません。


私は、コスプレしたことはないです。
ロックバンドのライブに行った回数も少ないほうかな。


さっき、承認欲求についての記事を書きましたが、
maririzumu.hatenablog.com

みてみて病、くれくれ病、に、
かなり効き目がありそうな音楽だと思いますね。


80年代後半、
髪の毛突っ立てて、
派手な化粧して、
反社会的な恰好で、ステージに立ち、
サビの部分で、
「紅に染まったこの俺を 慰める奴はもういない♪」
と、ひたすら繰り返す、彼らの姿は衝撃的でした。


「紅にそまった俺を、だれも助けてKURENAI」

まさに、悲劇のヒーローです。
俺が、これだけボロボロに傷つついているのに、だれも助けてくれない!
と、こんな怖い恰好した人たちが叫んでたら、
誰も助けずにいられないでしょう。


こんな、ヘンテコなバンドが成功するわけないと、
当時、音楽評論家から、さんざん批判されましたが、
今でも、彼らの活躍はとどまることを知りません。


※X JAPANは、本当にイカれているわけじゃありません。奇抜さを狙ってるんです。

だって、これだけ熱狂的なファンがいて、
「誰も助けてKURENAI」と本気で思ってたら、精神科に入院すべきです。
狂気を表現しているのであって、本当にイカれているわけじゃありません。


「紅」の歌詞をすべて、このブログに引用できません。
私なりに解釈すると、

嵐が吹き荒れる中、
大切な人が、突然、去ってしまい(あるいは拒絶)
ボロボロに傷つき、血まみれになっても、
誰も助けてKURENAI!
という内容です。


今まで、悲しみを表現するとしたら、
しっとりとしたバラード、というのが当たり前だったのに、
反社会的な格好して、
ひたすらアップテンポなヘヴィーメタルで、
がなり立てるように歌うというのをやったんです。



ただ、「みてみて」「くれくれ」では、だれも振り向いてくれません。
誰かの心をつかむのは、簡単なことではないです。


最近のヴィジュアル系と呼ばれるバンドが下火になっているのは、
「とりあえず、化粧して派手な恰好すれば、ウケるんじゃね?」
と思っている若者が多いからではないでしょうか?

でも、それじゃ二番煎じです。


もう一度、言います。
誰かの心をつかむのは、簡単なことではないです。

どうやったら、人気が出るかは、
本人の熱意、努力次第だと思います。

みてみて病、承認欲求は、悪いことじゃない。

人に評価されたり、ほめられたことがあまりない、
まりちゃんねるです。


私は、趣味趣向が結構マニアック、マイナーで、
多数決で仲間外れにされることが多かったです。

昔、いじめられていて、
性格がすっかりひねくれてしまいました。


小さいころから、目立ちたがり屋なほうでしたが、
大人になっても「みてみて病」のまんまでした。



一時期、みてみて病の自分は、幼稚で未熟で、恥ずかしいと思いました。


みてみて病、最近でいう、「承認欲求」は、一概に悪いとは言えません。
芸能人が典型的な例です。
誰かに支持されることで、仕事が成り立ってますからね。


芸能人、一般人問わず、
人気のある人の特徴を分析してみました。


たくさんの人に支持されている人間は、人をほめるのも上手です。

芸能人も一般人も、人気のある人は、
とにかく、周りの人間(家族、友達、仕事仲間、ファンなど)を大切にしていますよね。

人の発言やパフォーマンスは見ないのに、
自分をのこと「みてみて!」は、子供っぽいですよね?


今、バッシングされている、お笑い芸人のキングコングの西野さんも、
アンチが言うほど悪くはないと思いますよ。

ただ、「みてみて!」が、一方通行な気がするんです。


それに、人を批判しているときより、
「○○さん、いいですね!」
「○○さん、素敵ですね!」
「○○さん、好きです!」
と言っているときのほうが、ずっと楽しいではありませんか♪


承認欲求は、悪いことじゃない。



自己分析に関する記事が多いですが、
次回は、
「上手な人のほめ方」
について記事を書いてみようと思います。

悩んだり、ゆきづまったりした時は、年長者のアドバイスだけでなく、子供や若者の声に耳を傾けたらどうだろうか?

ネガティブブロガーのまりちゃんねるです。

悩んでる時って、同年代や年長者に相談しがちですよね?

確かに、自分より年上の人間は、
人生経験が豊富で、自分ではきづかないことを、アドバイスしてくれます。

でも、
子供や若者の意見や考えも、役に立つこともあります。

未成年や、20代の若者は、
まだ何色にも染まってない。
人生経験が短いぶん、先入観がない。
言うことも、やることも、とにかくストレート。
考え方が、かたまっておらず、シンプルでわかりやすい。

大人は、昔の経験(主にマイナス、失敗)を思い出して、臆病になることもありますよね。


でも、
子供や若者に相談するって、恥ずかしい。

いや、別に年下の人間に、直接相談するんじゃないです(笑)

ネットのティーンエイジャー向けのサイト、
新聞の学生さんの投稿、
若者のブログ。

↑こういうのを読むだけで、フレッシュな気持ちになれます。

今日、某新聞をよんだら、
「小学生が政治家に対して、どうしてほしいか?」
という特集があったのですが、

ドナルド・トランプさん、キム・ジョンオンさんなどに対する、
意見、要望が、単純明快で、面白かったです( ^^)


確かに、
悩みや問題そのものは解決しませんが、

なんだか、ほっとするし、
初心に戻れた気がしますよね。


特に小さい子供をみると、理論理屈でなく、無条件に癒されるものですね。

プライベートもビジネスも、時間や場所、相手によって、柔軟な対応をすることが大事。

凸凹障害のまりちゃんねるです。

先日、こんな記事を書きました。
ガチで裏表なく行動したら、失敗した私 - まりちゃんねる@

私の「ガチで裏表なく行動」は、
高校卒業した後も続きました。

高校卒業後、18歳の夏に某スーパーマーケットで、アルバイトをしたんです。
仕事は散々なものでしたね。

私は、ふざけてなんかいませんでした。
小学校の道徳で習ったことを、
18歳になってもガチで信じていましたから、
店内でも、普段とあまり変わらない立ち振る舞いをして、どのお客さんに対しても同じ対応をしたのです。

バカじゃないの?
と読者の皆さんは思うかもしれませんが、

「裏表のない人間になりなさい」
「人間は平等です」
という言葉を鵜呑みにして、
それをガチでやってました。


「どうして、私は、真面目に働いているのに怒られるの?」
何故、怒られるのか、全くわかりませんでした。
私は、いつもと同じように、裏表なく仕事をしてるのに。
私は、どのお客さんに対しても、平等に接客しているのに。


今、考えると、
たぶん、スーパーの店員には、その場にふさわしい立ち振る舞いが求められるのに、
私は、普段通りだったのだろう。


スーパーに来るお客さんも、いろんな人がいますよね。
急いでるお客さんに対しても、そうでないお客さんに対しても、
同じペースでレジ打ちしていたんです。


若いうちや、接客業をしたことがないひとなら、だれでもよくある失敗ですね。


でも、私は、バカ正直でガチで裏表がない人間だったので、
ヒドいものでしたよ。


こういう接客業だけでなく、
ネットビジネスも、嘘や演技なしでは成り立たない仕事です。

嘘や演技って表現は、違うかな?
「時間や場所、相手によって、柔軟な対応をする」
これが、大事なんですね。



今は、できているか?
いや、まだまだです(笑)
精神分析をはじめて、一か月と四日ですからね。
年長者の方に、良く注意されますし、
情緒不安定で、キレたりしますから。

はてなブログをPro版に切り替えるかどうか、検討中です。

これからも、頑張ります!