まりちゃんねる@

少数派の主張

よろしく

逃げてもいい、バカにされてもいい、パラサイトでもいい。とにかく生きのびる。

こんにちは。
過去も今も、いいことも特にない、自慢できるものも特にない、
ASDのまりちゃんねるです。


ブログやツィッターで、いろいろ書いてますが…
人生において、いいことなんて、何もないです。

残念ながら、私が子供のころ、発達障害という言葉そのものを知らない人が多かったです。
私自身も、ASDだなんて、夢にも思いませんでした。


いじめられると、
いつも、
「お前が悪い」と言われてきました。

トラブルが起きると、
毎回、私が悪者にされました。

何か失敗すると、
「努力が足りない」
「手をぬいている」
と怒られました。


小学生の時、学校へ行くと、
誰かが勝手に、私の遺書を書いていたことがありました。
勝手に殺すな、ですよ。

遺書の内容は、
「私は窓から飛び降りて、死にました。幽霊になりました」
というものです。

遠まわしに、「死ね!」といってるようなものです。

結局、だれが書いたかわかりませんでしたが、
「お前が、死ね!」
ですよ。


過去の話は、キリがないです。
発達障害のひとは、学校でいじめられた経験がある人が多いですからね。


成人してから、今に至るまで、
それはもう、挫折、失敗ばかりです。


それでも、生きるしかないんですよね。

いまだに、自信も何もないのです。

逃げてもいい、バカにされてもいい、パラサイトでもいい。とにかく生きのびることです。



生きていることに、罪悪感を感じることもあります。

いい大学出て、大企業に就職しても、自殺する人もいるんですよ。
ぶっちゃけ、電通で過労を苦に自殺した若い女性のことです。

どうして、優秀な人間が死を選び、
優秀ではない、私が生きているのか、真剣に悩みました。


しかし、悩んでも、仕方ないことです。
私が、彼女の代わりに死んで、
彼女が、私の代わりに生きることなど、不可能なのですから。


障害を持っていると、
いろいろ制限があります。
思うように生きられないし、
生き方を選べないです。


後悔したこと、ひきずっていること、いっぱいあります。
それでも、「生きる」ことを選んだことだけは、後悔してません。

gacco(ガッコ)を受講中です。

明日、○○才の誕生日を迎える、まりちゃんねるです。

誕生日が来ても、おばさんになるだけですが、
精神的におこちゃまなところがあるので、大人になろうと思ってます。


本題です。
タイトルの
「gacco」って何?

「がっこう」ではなく「ガッコ」と読みます。
gaccoをざっくりと説明すると、
大学の講義をネットで無料で受けられるサイトです。ただし、学歴にはなりません。
実際、この記事を書いている最中にも、gaccoの講義の動画を視聴しております。

無料でネットで大学の講義を視聴できるだけでなく、
小テストやディスカッションもあります。
テストに合格すると、
終了証みたいなものがもらえます。
今のところ、gaccoは学歴になりませんが、
身体が不自由な人や、経済的な理由で大学に行けない人にとって、
役に立つのではないでしょうか。


gaccoには、特に年齢制限はなく、
「昔、大学に行けなかった」という、
シニア世代の方にも、向いているかもしれません。

動画を停止したり、講義の出入りは自由です。



gaccoの登録
http://gacco.org/

メールアドレスと簡単なプロフィールを入力するだけです。
入学試験はありません。

ちなみに、今、記事を書きながら視聴しているのは、
大阪産業大学の「はじめて情報システムを学ぶ学生・生徒のために」という講義です。
パソコン、コンピューターの基本中の基本です。
スピードがゆっくりで、
脳みそがさび付いている私でも、じゅうぶん理解できます。


ツィッターやツイキャスで、ネガティブな発言多いので、
発展的な記事を書きました☆

強気な発言、ビシッと系、炎上芸は、頭が良くないと自滅してしまう

こんにちは。
なんだか、社会に対する批判、説教くさいことを、
ツィターやブログでかいている、まりちゃんねるです。


今回の記事ですが……

ネットで、強気な発言、ビシッと系でいくには、
どうすべきか?

まず、自分自身がしっかりしていないといけません。
ある程度、頭が良くないといけません

「人を批判しているけど、お前は何なんだよ!」とツッコまれるます。

さらに過激な炎上芸とまでいくと、
裁判沙汰になる可能性もあるので、
法律の知識が必要です。


実際、意図的に炎上させている人って、
そこそこ頭良いし、しっかりとした人が多いんですね。


「注目が集まるから~」
と軽い気持ちで炎上芸やっていると、
自分で自分を破滅させます。
「自滅」の二文字でじゅうぶんか(笑)


そういう、まりちゃんねるは、これからどんな方向でいくの?
炎上芸とまでいかなくても、
ビシッと系で行こうと思ってます☆

まず、自分がしっかりして、ある程度勉強しないといけませんね。

ネットなら、マイナスも売りになる! 有名も無名も関係ない!

根暗でうじうじしている、まりちゃねるです。

私は、ツィッターで、
「自分の苦い思い出を捨てる」
「安売りする」
とつぶやきました。

ほんと、自分の人生いいことないし、誇りなんて一つもないです。


かつて、自分のことを語るのは、有名人の特権でした。
芸能人とか、スポーツ選手とか、政治家とか、作家とか、大学教授とか……


自分が、
どうやって大物になったか?
どうやって才能を開花させたか?
どうやって売れたか?

そういう自分の人生、経験といったものを、
テレビのドキュメンタリーで語ったり、本を出版しますよね。


逆に、自分の失敗を語る人もいます。
テレビでは、「しくじり先生」という番組が、典型的な例です。
過去の失敗を語り、反省し、やりなおしていく……
ある意味、どんなサクセスストーリー(成功した話)より、心に響きますね。


最近では、一般人でも、ネットで自分のことを語れる時代です。

テレビは万人受けで、視聴率が命です。
当然、有名人のニュースをワイドショーなんかで放送するわけです。
無名の人間では視聴率とれませんから。

一方、ネットは個人主義です。
ネットユーザーは、興味あるもの、自分に必要なものだけみますよね。
発信する側も、自分の得意分野で勝負できます。


そこらへんのオジちゃんでも、お兄ちゃんでも、
自分を語れるのです。
高齢者も若造も、
そんなの関係ない!

芸能事務所に所属しているとか、
大手の新聞社、テレビ局に勤めているとか、
そんなの関係ない!

女性も同じです。
かつては、女性の権利は低く、女性が何かを主張するのは、良くないとされていました。
現在は、
そこらへんのオバちゃんでも、お姉ちゃんでも、
女性の人権を主張できるのです。
年齢も見た目も、
そんなの関係ない!

あら、人気お笑い芸人の一発ギャグを勝手に拝借してますね!
でも、そんなの関係ない(笑)


実名や顔をさらすのは、リスクがあります。
ハンドルネーム(ネット上のニックネーム、ペンネームみたいなもの)を書いて、
本人が特定できない、顔や体の一部の写真、
自作のイラスト、ぬいぐるみ、ペットなどを、アイコンに使用するのが、
匿名の世界の基本ですね。


フェイスブックは、実名が基本ですから(防犯のため、仮名にしている方もいらっしゃいますが)
リア充アピール、
プラスを語るものです。


しかし、匿名のブログやツィッターは、
自分の負の部分を語れます。
アフィリエイトやっている人は、
マイナスも売りになるわけです。


「自分、中卒だけど~」
「自分、ニートだけど~」
「自分、メンヘラだけど~」
「自分、前科あるけど~」
「自分、水商売だけど~」
ほんと、なんでもアリな世界です。


「不幸な奴とは、関わりたくない、でもネットなら…」
「どうせ、たいした内容じゃないだろう、冷やかしでみてみるか!」

たとえ、良くない感情を持って、
アクセスしても、収益につながります。

批判、誹謗、中傷さえ、お金になるのです。
計算して、炎上させまくる人もいますが…


炎上商法そのものが悪いとは思いません。
でも、ずっと続けてたら、
燃え尽きてしまうでしょう。

テレビのワイドショーも、
ショッキングなニュースを長期間にわたって放送していると、
視聴者も嫌気がさします。



ネットにも、デメリットもあります

なんだか、
ネットっていいよ、ネット万歳的なこと書きましたが、
デメリットもあります。

特定の友達、ファンを作る際、
ライバルがめちゃくちゃ多いです。


10年前、20年前だと、
身体障害者がテレビに出ると、
かなり話題になりました。
障害者のカリスマ(アイドル?)
オトタケくんのデビュー(?)は衝撃的でしたね。


しかし、現在では、身体障害者がネットにたくさん進出しています。
精神障害者もです。ネットではメンヘラとか言われますが。
凸凹(発達障害)も、かなり注目されてます。


ネットの世界で、障害者にあっても、そんなに驚かないですよね。

障害者でなくても、
自分のマイナス面を武器にするだけでは、
生き残れないです。


じゃあ、どうすれば、集客ができるか? リピーターができるか?

本人の人柄、キャラクター、実力です。
書いた文章が面白いかどうか、
作ったもの(ビジネス、芸術など)が素晴らしいかどうか。


レッツ エンジョイ ネットライフ! (適当な英語)

素人なりに、イラストや漫画に関する法律について考えてみた。

こんにちは。
イラストレーター、ではなく、イラストレーター目指している、まりちゃんねるです。


最近、音楽の著作権法に関する議論が、話題ですね。

今回の記事ではイラストや漫画に関する記事を書きたいと思います。

※私は画力は残念ながらプロレベルではなく、法律に関する資格は何ももってません。
しかし、世の中のほとんどの人が、プロの絵描きでなく、法律に関して素人です。


この記事は、プロの絵描きでなくても、法律に関して無知でも、読めます。なぜなら、筆者が素人だからです(笑)


かなりざっくりと語っていきますね。


①イラスト、漫画の著作権って、ぶっちゃけどうなの? どこまで合法で、どこからが違法?

オタクは、平和の象徴だ! と勝手に思っている筆者です。
日本が平和だから、アニメオタクやアイドルオタクなど、
興味がない人には理解できない、人生に役に立たない、くだらないことに夢中になれるものです。

しかし、娯楽やエンターテインメントを楽しむにも、ある一定の基準やルールがあります。


まず、トレース、模写などは、基本、違法ではありません。
それをネットや同人誌など、不特定多数の人間が閲覧できる状態にあることが問題です。


別に好きなアイドルの写真をトレースしても、
見ながら、描いても、特に問題はないです。

ただし、ネットや同人誌にのせる際は、著作権、肖像権の問題がでてきます。
特に有名人の場合、所属事務所、タレント本人、撮影したカメラマンなどから訴えられる可能性があります。

どんなタレントさんを好きになるのも自由です。
しかし、著作権や肖像権の問題を考えると、
あくまで、イラストの練習にしといたほうがよさそうです。

どうしても、描けないときは、
著作権フリーの素材を使いましょう。

パロディ、似顔絵は、ガイドライン利用規約)にそっていれば、基本、OK。オリジナルの作者が訴訟を起こした時や商業目的はアウトです。

私も、パロディをニコニコ動画やツィッターにのせてます。
作者や出版社側から、許可はいただいてません。
「美男美女になったゲゲゲの鬼太郎猫娘」という、実にくだらないものですが(笑)

ゲゲゲの鬼太郎の作者の水木しげる先生が連載していた出版社の人たちが、
「おお、これはひどすぎる! 作品と作者を侮辱する行為だ!」
と、訴訟をおこしたら、勝ち目はないですね。

あと、トレース、パロディ、似顔絵等を、商業目的で使うのは、違法です。
ブログにのせてアフィリエイトしたり、
ネットで配信して、報酬を得た場合、
かなり高い確率で有罪になります。




②セクシーなお姉さん描きたい!(ぶっちゃけ、春画) どこまで合法で、どこから違法?

三次元の女性で、相手の同意を求めず、あーんなこと、こーんなことしたら、ヤバいですね(笑) 
特に、未成年者の場合。
じゃあ、
二次元ならなんでもOKでしょ! 年齢も相手の同意も関係ない♪

これが、とても厄介、ややこしいんですよね。

まず、18歳未満の子供を、露出度の高い恰好をさせると、
法的にヤバいんですよね。

もし、裁判沙汰になったとき、
どこまでがOKで、どこからが卑猥か判断するのは、プロの法律家です。勝ち目はないと思ってください。

さらに、アニメや漫画は、世界に誇るオタク文化です。
国内でOKなことが、海外で問題になることもあります。

ドラゴンボール」の亀仙人のセリフも、
海外では伏字になったり、書きかえられてるそうです(笑)

日本では、面白いおじいさんでとおるのに、
海外の法律家は、けしからん! と怒るわけです。

孫悟空は子供ですが、国内では全裸のシーンが、海外ではパンツを履いてます(笑)

たとえ、子供であっても、
安心しないでください、パンツ履かないとダメですよ(笑)



③グロい絵とか、過激なセリフってどこまでOK?

これも、かなり線引きが難しいですね。

読者の対象年齢によって、かなり変わってきます。
例えば、少年漫画の金字塔的な「ジャンプ」の場合、
対象年齢が未成年(特に男の子)だから、グロい絵、性的な絵、過激なセリフは禁止されています。
私は、ジャンプの編集者ではないので、明確な基準知りませんが、
もし、
「ジャンプに投稿するぞ!」
と思ったら、気をつけたほうがいいですね。


ジャンプの兄貴分(?)の「ヤングジャンプ」は、
対象年齢があがっています。

私は、ヤングジャンプを始めて読んだとき、ショックを受けました。
男の人って、こんなこと考えるの! ガーン!

ヤングジャンプは、グラビアが充実しており、
わりとグロやエロに寛容なようです……


そう、ジャンプと言えば「DEATH NOTE」ですね。
これ作品は、国内でも、一部の人から、批判され、問題作となっていますが、
未成年が自由に閲覧できる状態です(2017年2月、現在)

し・か・し、

海外の一部の国では、「DEATH NOTE」は青少年有害図書に指定されています。


さらに最近では、
作者が訴えなくても、法律家が「違法だ!」といった場合、
アウトになるらしいです。
同人誌 - Wikipedia
困ったときの、ウィキペディアでございます。
全文読んで、理解するの、無理です……。




う~ん、
筆者も書いてて、頭がパンクして、よくわからなくなってきました……


問題を整理しますね。

①ネットにトレース、パロディ等をアップする時は、
作者、モデルとなる人物に許可をとること。

②セクシーなイラストは、アダルト専門のサイトに投稿。
個人のサイトでは、未成年が閲覧できない状態にすること。

③過激なシーン、セリフは、対象となる読者の年齢を考え、
ケースバイケースで、未成年が閲覧できない状態にすること。

この3点に気を付けていれば、
だいたい大丈夫だと、筆者は考えています。

相手との距離感がわからない

凸凹のまりちゃんねるです。


タイトルの通り、相手との距離感がわかりません。


老若男女、ネットか、オフラインか、関係なく、
知人、友人との距離感がわからないのです。

一方的にしゃべったり、メールやLINEを送ったり、
失敗ばかりです。

今のところ解決方法は思い浮かばないですが、
これはもう、慣れるしかないでしょうかね。


「時間、場所、相手を考え、柔軟な対応をする」

自分で、ツィッターやブログに何度も書いているけど、上手くいきません。

どうしてだろう?

ヴィジュアル系のファンって、メンヘラが多いよな。 ※私も、その中の一人です。

「紅に染まった、私を誰も助けてKURENAI!」
と毎日叫んでる、まりちゃんねるです。


私はX JAPANが好きすぎて、しょうがありません(笑)

ヴィジュアル系という言葉を作ったのは、
X JAPANのギタリストのhideさんという人です。

hideさんは、1998年の夏に、宇宙へ行ってしまいました。
(ファンの方なら、みんなご存知だと思います)


世の中に、ヴィジュアル系と名乗るバンドは、いっぱいいますが、
X JAPANが、「ヴィジュアル系の神」といっても過言ではありません。


私は、コスプレしたことはないです。
ロックバンドのライブに行った回数も少ないほうかな。


さっき、承認欲求についての記事を書きましたが、
maririzumu.hatenablog.com

みてみて病、くれくれ病、に、
かなり効き目がありそうな音楽だと思いますね。


80年代後半、
髪の毛突っ立てて、
派手な化粧して、
反社会的な恰好で、ステージに立ち、
サビの部分で、
「紅に染まったこの俺を 慰める奴はもういない♪」
と、ひたすら繰り返す、彼らの姿は衝撃的でした。


「紅にそまった俺を、だれも助けてKURENAI」

まさに、悲劇のヒーローです。
俺が、これだけボロボロに傷つついているのに、だれも助けてくれない!
と、こんな怖い恰好した人たちが叫んでたら、
誰も助けずにいられないでしょう。


こんな、ヘンテコなバンドが成功するわけないと、
当時、音楽評論家から、さんざん批判されましたが、
今でも、彼らの活躍はとどまることを知りません。


※X JAPANは、本当にイカれているわけじゃありません。奇抜さを狙ってるんです。

だって、これだけ熱狂的なファンがいて、
「誰も助けてKURENAI」と本気で思ってたら、精神科に入院すべきです。
狂気を表現しているのであって、本当にイカれているわけじゃありません。


「紅」の歌詞をすべて、このブログに引用できません。
私なりに解釈すると、

嵐が吹き荒れる中、
大切な人が、突然、去ってしまい(あるいは拒絶)
ボロボロに傷つき、血まみれになっても、
誰も助けてKURENAI!
という内容です。


今まで、悲しみを表現するとしたら、
しっとりとしたバラード、というのが当たり前だったのに、
反社会的な格好して、
ひたすらアップテンポなヘヴィーメタルで、
がなり立てるように歌うというのをやったんです。



ただ、「みてみて」「くれくれ」では、だれも振り向いてくれません。
誰かの心をつかむのは、簡単なことではないです。


最近のヴィジュアル系と呼ばれるバンドが下火になっているのは、
「とりあえず、化粧して派手な恰好すれば、ウケるんじゃね?」
と思っている若者が多いからではないでしょうか?

でも、それじゃ二番煎じです。


もう一度、言います。
誰かの心をつかむのは、簡単なことではないです。

どうやったら、人気が出るかは、
本人の熱意、努力次第だと思います。