読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まりちゃんねる@

少数派の主張

よろしく

ぶっちゃけ、お金になる在宅ワークって何?

勉強する、という目標たてて、勉強がはかどってない、MARIRIZUMです。


障害者は、なかなか雇ってもらえないので、
自宅で自営業、という話は、何度も書いてます。
データ入力、ライティング、アンケートモニター、イラストレーター…etc
いろんな仕事がありますが、


「ぶっちゃけ、お金になる在宅ワークって何?」

在宅ワークを紹介してくれる会社が増えてますが、
報酬が少なくないか?
という不満を、ネットでみかけます。

私なりに、お金になる(報酬が高い)在宅ワークを調べてみました。


一つ目はプログラミング。

某ブロガーさんが、
「僕は、プログラミングで、一件あたり3万円の仕事を5、6時間でこなしている」
という記事を書いているのを読みました。

3万の仕事を6時間でやれば、
時給に換算すると、
時給5000円!

ひと月に、10件の仕事をすれば、月収30万に!

仕事の内容、本人の能力によりますが、
記事を書いた某ブロガーさんは、かなりスキルが高いと思います。

月収30万は、難しいですが、
初心者がプログラミングを勉強すれば、
月収10万なら、不可能ではないと思いますね。


もう一つは、翻訳。

これも、ケースバイケースですね。
翻訳といっても、外国語はたくさんあります。

一番メジャーなのが、ダントツ英語ですね。

アラビア語とか、マイナーなのも狙い目です。
翻訳する人が少ないので、マスターしたら重宝されます。


某質問サイトで、
「自分は法律に詳しく、
法律に関する翻訳で、一件3万の仕事を20件やって、月に60万の収入がある」
という、回答をみました。

この回答者さんは、かなり頭がいい人ですね。


要するに、「英語ができる」だけでなく、
「法律」という専門知識があるから、報酬が高いのです。

法律のほかに、医療翻訳、ITに関する翻訳も、報酬が高いです。
専門的な知識や経験がないと、難しいですからね。



そうそう、筆者は、ツィッターで、
「法律の資格をとろうか」
とつぶやきました。


私が資格をとっても、外で働くのは難しいですが、
ネットで法律相談にのるとか、
法律に関する翻訳は不可能ではないですね。


いずれにせよ、相当勉強しないといけませんね……汗


しかし、努力したぶん(勉強したぶん)、得られるものは大きいです。

まあ、やれるだけやってみます☆