まりちゃんねる@

少数派の主張

よろしく

タレントのブログに嫉妬していた私。

こんにちは。MARIRIZUMです。


「急上昇ワード」について書くと、アクセスが伸びる!
ということに、今、気づきました。

「急上昇ワード」、つまり、多くの人が検索している人や物について書くと、
検索にヒットして、アクセスが増える。


「知らなかったの私だけ? 大物ブロガーは知っていて、当たり前なの?」


一応、私、WEBマーケティングについての本、読んだんですよ。
しかし、本の内容のすべてを理解して、覚えているわけじゃない。
たぶん、WEBマーケティングの本にSEOの「急上昇ワード」について書いてあったの、
忘れたんだろうな。


筆者は、もともと、流行とか、万人うけするものに、あまり興味がなく、
マニアックなものに、はまるほうなんです。

「ほかの人間が、何に関心もとうと、私には関係ない」
と思ってたんですが、

ブロガーは、アクセスないと、成り立たないですよね。当たり前だけど。

もちろん、あえてマニアック、マイナーな記事を書く人もいます。
マイナー、マニアックな趣味趣向の人にとては、貴重な情報源になります。


ブログに限らず、人気があるもの、売れるものって、
基本、「万人受けするもの」ですからね。

自分が面白いと思うことが、他人が読んで面白いとは限りません。


特に、工夫しなくてもアクセスが集まるのは、
芸能人、スポーツ選手、作家、大学教授、政治家…etc

つまり、もともと有名な人、目立っている人だけです。


過去に、
「芸能人はちょっと良いことしただけで、注目されるから、いいよね」
と、嫉妬して、ひねくれていました。

でも、
「芸能人はちょっと悪いことしても、叩かれる」
有名で、影響力のある人物は、しかたありませんね。


実際、私も、ツィッターでキツいこと書いたことがあります。
私が無名だから、たいした騒ぎになりませんでした。
もし、私が有名なら、炎上していたことでしょう。



「私だって、悩んでる!
私だって、苦しんでる!
私だって、努力してる!
なんで、あんただけもてはやされるんだよ!」

マジ、タレントのブログに勝手にキレていましたが、
キレても仕方ありません。


でも、
ブログって、一人でやるものでしょ?
文章から編集まで、自由。


つまり、
何の人脈もない、無名の人間が、注目を集めるチャンスなんです。

ブロガーだけでなく、インスタグラマーやユーチューバーなんかも、
最初は無名で、徐々にファンを増やした人が多いですね。


ひねくれてないで、いい記事を書かないと。