読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まりちゃんねる@

少数派の主張

よろしく

プライベートもビジネスも、時間や場所、相手によって、柔軟な対応をすることが大事。

凸凹障害のまりちゃんねるです。

先日、こんな記事を書きました。
ガチで裏表なく行動したら、失敗した私 - まりちゃんねる@

私の「ガチで裏表なく行動」は、
高校卒業した後も続きました。

高校卒業後、18歳の夏に某スーパーマーケットで、アルバイトをしたんです。
仕事は散々なものでしたね。

私は、ふざけてなんかいませんでした。
小学校の道徳で習ったことを、
18歳になってもガチで信じていましたから、
店内でも、普段とあまり変わらない立ち振る舞いをして、どのお客さんに対しても同じ対応をしたのです。

バカじゃないの?
と読者の皆さんは思うかもしれませんが、

「裏表のない人間になりなさい」
「人間は平等です」
という言葉を鵜呑みにして、
それをガチでやってました。


「どうして、私は、真面目に働いているのに怒られるの?」
何故、怒られるのか、全くわかりませんでした。
私は、いつもと同じように、裏表なく仕事をしてるのに。
私は、どのお客さんに対しても、平等に接客しているのに。


今、考えると、
たぶん、スーパーの店員には、その場にふさわしい立ち振る舞いが求められるのに、
私は、普段通りだったのだろう。


スーパーに来るお客さんも、いろんな人がいますよね。
急いでるお客さんに対しても、そうでないお客さんに対しても、
同じペースでレジ打ちしていたんです。


若いうちや、接客業をしたことがないひとなら、だれでもよくある失敗ですね。


でも、私は、バカ正直でガチで裏表がない人間だったので、
ヒドいものでしたよ。


こういう接客業だけでなく、
ネットビジネスも、嘘や演技なしでは成り立たない仕事です。

嘘や演技って表現は、違うかな?
「時間や場所、相手によって、柔軟な対応をする」
これが、大事なんですね。



今は、できているか?
いや、まだまだです(笑)
精神分析をはじめて、一か月と四日ですからね。
年長者の方に、良く注意されますし、
情緒不安定で、キレたりしますから。

はてなブログをPro版に切り替えるかどうか、検討中です。

これからも、頑張ります!