読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まりちゃんねる@

少数派の主張

よろしく

みてみて病、承認欲求は、悪いことじゃない。

人に評価されたり、ほめられたことがあまりない、
まりちゃんねるです。


私は、趣味趣向が結構マニアック、マイナーで、
多数決で仲間外れにされることが多かったです。

昔、いじめられていて、
性格がすっかりひねくれてしまいました。


小さいころから、目立ちたがり屋なほうでしたが、
大人になっても「みてみて病」のまんまでした。



一時期、みてみて病の自分は、幼稚で未熟で、恥ずかしいと思いました。


みてみて病、最近でいう、「承認欲求」は、一概に悪いとは言えません。
芸能人が典型的な例です。
誰かに支持されることで、仕事が成り立ってますからね。


芸能人、一般人問わず、
人気のある人の特徴を分析してみました。


たくさんの人に支持されている人間は、人をほめるのも上手です。

芸能人も一般人も、人気のある人は、
とにかく、周りの人間(家族、友達、仕事仲間、ファンなど)を大切にしていますよね。

人の発言やパフォーマンスは見ないのに、
自分をのこと「みてみて!」は、子供っぽいですよね?


今、バッシングされている、お笑い芸人のキングコングの西野さんも、
アンチが言うほど悪くはないと思いますよ。

ただ、「みてみて!」が、一方通行な気がするんです。


それに、人を批判しているときより、
「○○さん、いいですね!」
「○○さん、素敵ですね!」
「○○さん、好きです!」
と言っているときのほうが、ずっと楽しいではありませんか♪


承認欲求は、悪いことじゃない。



自己分析に関する記事が多いですが、
次回は、
「上手な人のほめ方」
について記事を書いてみようと思います。