まりちゃんねる@

少数派の主張

よろしく

東京サバイバル② 一般、クローズで仕事さがし。

どうも、こんにちは。
まりちゃんねるです。

明日は、アルバイトの研修で、ブログどころではないので、
「東京サバイバル」シリーズを、今のうち書いておきます。
「いきなり親元離れて、上京して、一人暮らしって、無理があるのでは?」
と自分でも思いましたね。

さらに、一般で働くなんて、無茶な!
まずはA型事業所から始めたらどうか?

はい。そうです。

しかし、私は、
職歴が空欄に近いんです。

地域活動支援センターやB型事業所は、
「訓練」であり、職歴にはカウントされません。

19歳で二次障害を発病し、
社会をほとんど知りません。

一般と障害者の事業所、両方体験して、どちらかを選びたい。、


精神障害者は、目に見えない障害で、理解されにくいですね。
ほんと、大変です。
言い換えると、
カミングアウトすれば、障害者、
隠していれば、健常者としていきられるのです。

まずは、一般のアルバイトで頑張る。
それでうまくいかないなら、A型事業所。
A型事業所も無理なら、生活保護

福祉を利用する前に、
まずは自分の力で頑張ります。

それに、
一般で働いたら、福祉の恩恵が全く受けられないわけではないのです。
障害年金の受給、保険料、住民税等の免除、医療費の一割負担(指定病院のみ)
といった支援が受けられます。

東京サバイバル①参照
maririzumu.hatenablog.com



世の中、
月収10万以下、家賃2、3万で生活している人たちもいるんですよ?

そういう人たちと比較すれば、
年金を家賃と共益費にあて、アルバイトの収入を食費、通信料、医療費、交通費など、
他の出費にまわせるのです。

さらに、年金がなければ、
1日8時間、週5で働かないと生活できないですが、
年金があるおかげで、
1日6時間、週3で生活できるんですよ。
週3働いて、残りの週4は自由です。


一般、クローズは、障害に対する配慮はありませんが、
これだけ福祉の支援を受けられるのではあれば、
そこまで無謀ではないと思います。


もちろん、長期間のニート歴、障害を隠して仕事をさがすのは、大変でした。

次回は、今の仕事をみつけるまでの記録を書きたいと思います☆