まりちゃんねる@

少数派の主張

よろしく

ゴッホとラッセンの違い

こんにちは、まりちゃんねるです。

記事のタイトルをみて、
ゴッホよりぃ、普通にぃ、ラッセンがすっきー!」
と手を振りながら歌っている芸人さんを想像した読者も多いと思います。

今回の記事は、手を振りながら歌っている芸人さんとは関係ない内容です(笑)


読者の中には、
「芸人の永野さんは知っているけど、ゴッホラッセンもどんな絵を描いているか知らない」
という方もいらっしゃると思います。


まあ、私が文章で説明するより、
Yahoo!Googleで「ゴッホ」「ラッセン」で検索して、
ご本人の描いた作品をみたほうが一目瞭然ですね。


「検索するのめんどくさい」
そうですか。
じゃあ、私がここで文章で説明しますね(笑)

ゴッホは苦労人です。
ゴッホの描いた作品が評価されたのは、彼が他界した後なんです。
ゴッホが生きている間に売れた絵は、ほとんどありません。

さらに、ゴッホ精神疾患を患っていたようです。
双極性障害躁うつ病)と説が有力ですが、これも謎です。

作風は、暗いものが多いですね。

結局、売れない画家のゴッホは、どうなったかというと、
37歳で自殺してしまいました。


一方、ラッセンのほうは、
現在進行形で世界中の人々から評価されております。

そもそも、ゴッホラッセンは、生まれた時代が違いますからね。

ゴッホの暗い、陰気くさい作風とは対照的に、
ラッセンの作風は爽やかです。


しかし、
ゴッホは不幸で、
ラッセンはラッキーだと決めつけるのは、どうでしょうか?

画家として売れなくても、
絵を描き、作品を残すことができたのです。
芸術家として、素晴らしいではないですか?

さらに、ゴッホを応援、支援してくれる人物も、
彼の周りにいました。
本当に困っているときに支えてくれる人が、大切な人ですよね。

ところで、まりちゃんねるは、
ゴッホラッセンから何を学んだか?

「人間、やりたいことやったもん勝ち。評価は後でついてくるもの」

以上、筆者の独断と偏見による、美術コラムでした。