まりちゃんねる@

少数派の主張

よろしく

私が幸せだと思う瞬間。

こんにちは、凸凹障害のまりちゃんねるです。

なんだか、過去のつらい経験ばかり書いてますが、
「じゃあ、どうしたら、幸せになれるか?」
考えてみました。


私は、昔から友達が少ない方です。
原因は、親から、友達制限をされただけではないです。


私は、趣味趣向が、変わった人間なんですよ。

小学校一年生から、図鑑(主に科学。宇宙、生物、植物)を読んでいたんですが、
同級生に科学に興味のある子はいませんでした。
当時は「リケジョ」という言葉もありませんでした。

文化祭、体育祭の、種目(演目)も、
多数決で決まるので、
自分の希望が叶ったことはなかったですね。

高校生の時は、
洋楽のロックや日本のヴィジュアル系バンドに夢中になってましたね。
短い間、ギターを習ってましたが、
女の子は、私だけでした。
バンドをやることを親に反対されて、やめましたが。
そもそも、バンドやるために楽器を始めたんだけど。


小さい頃から、現在まで、
一貫して、望んでいることは、
「自分と同じ、趣味趣向の人間と繋がりたい!」
↑これだ! これが私が幸せな瞬間だ!


私が未成年の時は、ネットが普及していませんでした。
しかし、現在なら、広いネットの世界で、
共通の話題、共通の趣味をもった人と繋がれます。

例えば、科学の話をしたなら、
サイエンスカフェに行けばいいのです。

サイエンスカフェとは、
文字通り、科学について、雑談する集まりです。
主に都市部でおこなわれています。


マイナーな音楽について語りたいなら、
社会人向けの軽音サークルに参加してみるといいですね。


自分が生きづらい理由、発達障害のせいだけではないですね。

これから、共通の趣味をもった友人を作っていこうと思います☆