まりちゃんねる@

少数派の主張

よろしく

精神障害者の世界 精神病院編

ASD精神疾患のまりちゃんねるです。
今回の記事は、かなりディープな内容ですので、
精神状態が良くない人は、読むのはやめたほうがいいです。



筆者は、精神障害者二級で、
19歳で統合失調症を発症して、
19歳から22歳まで、5回入院しました。
退院してから、デイケアや作業所に長期間在籍してました。


この文章を読んでいる人には、
障害福祉について、全く知識のない人もいるかもしれないので、
精神病院、デイケア、作業所の仕組みについて、ざっくり説明しますね。


精神病院について。
精神病院は、
不幸な人達が大集合したところです。
統合失調症双極性障害うつ病、薬物依存、アルコール中毒

中には、重度の知的障害者も入院してます。
家族親戚が面倒をみたくない、
本人が天涯孤独など、
かなり深刻で複雑です。

知的障害者に年金や生活保護を受給させて病院に入れ、
一度も面会にこないのです。

メインとなる精神障害者も、かなりドロドロしてますね。
10代、20代で精神疾患を発症して、20年、30年の入院はめずらしくありません。
トータルで、56年間入院した患者さんにあったこともあります。
偏見や差別はもちろん、
知的障害者と同じく、
家族が面倒をみたくない、天涯孤独など、
悲惨なものです。


精神病院の入院患者って、ぶっちゃけどうなの?


一概に、「こうです」とは言えませんね。
私が入院した病院は、
病気が重い人と、比較的落ち着いている人と、半々くらいでした。


半分くらいは落ち着いてるの? なんで?


精神病院は、症状が落ち着いたからと言って、退院できるものではありません。
病気が一番ひどかった時に、
家族や周りの人間に、暴力をふるったり、暴言を吐いた場合、
「病院から出たとき、また暴れだすのではないか?」
と、家族が不安になりますよね。

患者に小さな子供がいるケースも、深刻です。
子供に、親が錯乱状態になっているところを見せたくないですよね。


中には、
人を殺した人が入院していることもあります。
普通、法をおかした精神障害者は、
専門の病院に入院させられます。
しかし、専門の病院が定員オーバーしている時は、
専門外の病院に入院させられます。

私が知らなかっただけで、
もしかすると、覚せい剤や麻薬など、
違法薬物を使用した人間も、
同じ病棟にいたかもしれません。

私は寝ているときに、殺人犯の女性患者に首を絞められました。
おそろしいですね。


さて。
他人について、いろいろ書きましたが、
まりちゃんねる本人は、どんな状態で、
どんなことを感じたか?

5回の入院で、
それまでの、
世界観や常識というものが、覆りました。
人格形成にも、かなり影響がでましたね。

幸い22歳の若さで退院したものの、
退院後の治療や社会復帰についての説明はありませんでした。

退院後の経過は、また別の機会にかきますね。


※注意①
現在は、私が入院していた頃に比べ、
精神障害者の退院が促進されつつあります。

※注意②
長期入院は、地域格差があります。
私のいた鹿児島県は、
入院患者全国第1位です。
長期入院患者も全国第1位です。