まりちゃんねる@

少数派の主張

よろしく

道徳、倫理の教科書を、大人になってから読んでみる。

発達障害精神疾患もちの、まりちゃんねるです。

昨日、ツィッター書いたのですが、
「親は他に変わりのいない唯一の存在であるが、
決して、神ではなく、長所も短所もある人間」

子供のころの私は、
本気で親もことを、神様のように絶対的な存在だと思っていました。


「マジかよ!」

はい、マジで神様みたいな人だと思っていました。



本題に入ります。

学校の道徳の授業って、ツッコミどころが多いですよね。

年上の人間を敬いなさい→自分より長く生きているからと言って、
            精神的に成熟しているとは限らない。

親のいうことををよくききなさい→親の言うことが正しいとは限らない。

人間は平等である→実際は、見た目にも中身にも優劣があります。
         神様は差をつけます。

嘘をついてはいけない→皆、嘘をつきます。
           マスコミの誇大広告も、「嘘」の定義に入るのでは?


学校や家庭で学んだことがすべて、
大人になってから役に立つとはかぎりませんよね。


そもそも、私は思い込みが激しく、
人に言われたことを、鵜呑みにしちゃうんですよね。

まだ、自分のことがよくわかりません(+_+)