まりちゃんねる@

少数派の主張

よろしく

眼瞼下垂の手術してます。

ASD+精神障害のまりちゃんねるです。

私は、17歳の時に眼瞼下垂(がんけんかすい)の手術をしてます。


眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、何か?
眼瞼下垂とは、瞼が下がって、開けにくくなる病気です。
高齢者に多く、瞼の筋力の低下や皮膚のたるみが原因です。
子供や若者でも眼瞼下垂になるケースもあります。


眼瞼下垂の治療
主に、
瞼の皮膚と筋肉を持ち上げる方法と、
瞼にボトックスを打つ方法があります。

私は、瞼の皮膚と筋肉を折りたたんで持ち上げる手術をしました。
もともと一重瞼ですが、
折りたたんだので、二重になりました。


二重の整形と眼瞼下垂の手術はどう違うか?

二重の手術は、
細い糸で二重のラインを作ったり、
瞼の皮膚を切って脂肪をとったりしますよね。

眼瞼下垂の手術は、
皮膚や脂肪だけでなく、筋肉まで手術します。

ちなみに、
二重整形は、「美容外科
眼瞼下垂は、「形成外科」が「眼科」になります。

私は形成外科で手術しました。
見た目をきれいにするのが目的ではなく、
瞼を開く機能を回復させるのが目的なので、
保険が適応しました。
5、6万くらいだったと思います。


一部のネットつながりの人には、言ってます。

一部のネットつながりの人には、
「整形した」と言ってます。
正確には、眼瞼下垂なのですが、
説明するのが面倒なので、
「整形」ということにしてます。


最近は、眼瞼下垂と美容整形のボーダーラインが曖昧になってる

美容外科でも、
「筋肉を持ち上げると、目がパッチリになる!」
と宣伝して、
糸で眼輪筋を持ち上げる手術が流行っているようです。