まりちゃんねる@

少数派の主張

よろしく

ヤクザの息子

こんにちは、まりちゃんねるです!

「ヤクザの息子」って、
なんだか、物騒なタイトルですねぇ。

今回は、べつに、
現実の裏社会の抗争でもなく、
フィクションの極道もの映画の感想でもありません。

こわいですからね。


今回の記事は、正確に言うと、
「元ヤクザの息子」です。

昔、ヤクザだった父親が、
結婚してから、カタギになったので、
元ヤクザ、です。


元ヤクザの父親を、楽しそうに語る男性


7年前、鹿児島の某所で、とても明るい精神障害者の男性と知り合いました。
年齢は50代で、精神疾患とは思えない、底抜けの明るさ。

「子供のころ、いたずらしたら、オヤジに怒られた」
「うちの亡くなったオヤジは元ヤクザで、結婚してから、カタギになった」

彼は、子どもの頃のエピソードはもちろん、
今日の出来事も、楽しそうに語るのです。

どうして、この男性は明るいんだろう?
どうして、病気になったんだろう?

私は不思議でした。

男性の暗い過去の出来事

男性は、自分が病気になった経緯を、
私には語りませんでした。

ところがある日、
空気の読めない精神障害者が、
男性に向かって、
「結婚は?」
と聞いたのです。

精神障害者は恋愛、結婚が難しいです。
病院やデイケアでは、暗黙の了解で、あまり話題にしません。

しかし、その精神障害者は長期入院のため、
暗幕の了解がわからなかったのでしょう。


男性は、こう答えました。
「昔、結婚の話があったんだよ。
とてもかわいい子だった。
でも、周りから反対されたんだよ!」

周りから反対されたり理由を、
彼は語りませんでした。


しかし、何故、反対されたか、
大体、想像がつきますよね。

もし、自分の娘が、元ヤクザの息子と婚約したら、
反対しますよね?

彼自身は、何も悪くありません。
それが、父親が元ヤクザという理由で、
婚約破棄になったのでしょう。

まりちゃんねるが思ったこと


この話を聞いて、私は
「自分も家族への不満を口にしているけど、
この男性はもっと辛かったんだろうな」
と思いました。

「親に夢を壊された!」
とネガティブな発言が多いですが、

この男性に比べたら、マシなほうです。


不幸の比較はよくありませんが、
この男性の話は忘れられません。