よろしく

無料で、どこまでできるか!

ネガツィしてばっかりの、
ASD+二次障害のまりちゃんねるです。

いままで、
ツィッターやブログで、
「〇〇したい!」
「〇〇になりたい!」
という発言してきました。

しかし、挑戦するものの、なかなか上手くいきません。

一番大きな壁は、
「お金がないこと」
そして、
「お金を得るための、仕事がない」
ことです。

「夢だけ持って、上京!」
「夢だけ持って、海外へ!」
というほど、現実は甘くなく、
夢や目標を叶えるためには、
お金が必要です。


今まで、
「お金はない」
「仕事がない」
と、諦めてきました。

「もう、ダメだ!」
と絶望モードに入った時でした。


「そうだ、私はネットを使える環境にいる!」
という希望をみいだしたのです。

「ははは、ネットなんて、今の世の中、当たり前じゃん!」
と思う読者もいると思います。

しかし、世の中、ネットを使えない環境の人たちもいます。
または、パソコンやスマホの操作をできない人たちもいます。

ホームレス、貧困、障害者など、
当たり前のものを持ってない
当たり前のことができない人たちがいるんですよね。


パソコン(スマホ)と定額の通信料だけで、どれだけのことができるか?

①自分の知らない言葉や知識を得られる。


真っ先に思いつくのがこれですね。
GoogleYahoo!といった、検索エンジンです。

ちょっと難しい漢字やことわざがわからない、
でも、人に聞くのは、なんだか恥ずかしい。

そんなとき、検索エンジンって、便利ですよね。

あとは、情報収集ですね。

私の場合、医療や障害福祉の情報収集に役に立ってます♪

②リアルで知り合えない人と、仲間になれる。

よく、
「ネットで知り合った相手と、会っちゃダメ!」
といいますね。

たしかに、ネットは名前、性別、職業、学歴等を、
偽っている人もたくさんいますので、
あぶないですね。

特に未成年は気を付けたいものです。

しかし、
実名でなく、匿名でOK、
リアルで会っても、会わなくくてもOKなんですよね。

「実名はこわい」
「顔出し恥ずかしい」

別に名前や顔を出さなくても、
ネットでできることはたくさんあります。

「直接、会うのこわい!」
「犯罪に巻き込まれたら、どうしよう」

そんな心配があるなら、
「ネットだけでつながっている仲間」
でもOKです。

③気軽に、自分のことを発信できる

ネットがあれば、気軽に発信できますね。

趣味、夢中になっていること、
音楽や美術といったアート、
哲学、思想、
政治経済、

なんでもアリですね。
もちろん、最低限のルールは守らないといけませんが。


これから、ネットで無料でどこまでできるか、
挑戦します!